2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 神楽坂ラーメン | トップページ | 今年37回目のラウンド(藤岡GC東) »

2013年9月 6日 (金)

国税庁 税務調査の負担軽減、優良企業は頻度少なく

 国税庁は、税務に関するコーポレートガバナンスの体制が優れていると認められる大企業を対象に、1~3年に1回行っている税務調査の頻度を減らす新制度を始めた。新制度の対象となる可能性があるのは、全国11国税局の調査部が所管する法人のうち、資本金が40億円以上などの大企業約500社。全法人数の約0.02%だが、申告所得額は9兆円と全法人37兆円の4分の1を占める。「優良」と認められれば、企業にとっては事務コストを大幅に削減できるだけに、今後の企業の租税対策にも影響を与えそう。

(月刊私塾界2013.8.29)

« 神楽坂ラーメン | トップページ | 今年37回目のラウンド(藤岡GC東) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国税庁 税務調査の負担軽減、優良企業は頻度少なく:

« 神楽坂ラーメン | トップページ | 今年37回目のラウンド(藤岡GC東) »