2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 「赤字」申告の黒字企業に追徴課税 | トップページ | 今年46回目のラウンド(藤岡GC東) »

2013年11月 9日 (土)

『産業構造の変化が男性の仕事を減少させる』

1.今、電機産業は民生機器、半導体分野を中心に、まさしく壊滅的な危機にある。その状況が如実に反映されて、2012年12月、単月では、実に51年ぶりに製造業従事者数が10
00万人を割った。また、いまだ503万人の雇用吸収力を持つ建設業もまた、就業者数を減らしていくことになるだろう。2020年の製造業・建設業従事者数は1149万となる見込みだ。 10年間に実に400万人も減少することになる。
2.翻って、就業者数が多少とも伸びるのがサービス業であり、女性の比率の高い産業だ。例えば、医療・福祉や教育の現場では、ホスピタリティ(心からのもてなし)やコミュニケーションが重視され、女性のほうが向いている業種とされている。労働集約的なサービス産業では、世帯収入の補助的役割を果たしてきた女性が、「パート」「契約社員」という非正規雇用で働きやすい環境でもあった。そのため、女性比率が高まった。
3.現在、製造・建設業では就業者の7割強が男性だが、サービス業では5割になっている。男性比率の高い製造・建設業では雇用が減り、女性比率の高いサービス業では雇用が増えるということは、男性の雇用機会が減り、女性の雇用機会が増えることを意味する。産業構造の変化は、男性の仕事を奪う結果になりそうだ。
(参考:「週刊ダイヤモンド」2013年5月11日号)

« 「赤字」申告の黒字企業に追徴課税 | トップページ | 今年46回目のラウンド(藤岡GC東) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『産業構造の変化が男性の仕事を減少させる』:

« 「赤字」申告の黒字企業に追徴課税 | トップページ | 今年46回目のラウンド(藤岡GC東) »