2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年3回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 【男子ジャンプ】五輪代表の葛西、5度目V ジャンプHTB杯 »

2014年1月19日 (日)

【ジャンプ】高梨が通算16勝目 強風で2回目途中で打ち切り W杯女子蔵王大会

 

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会は18日、山形市蔵王(HS100メートル、K点90メートル)で個人第8戦が行われ、ソチ冬季五輪で金メダルの期待がかかる17歳の高梨沙羅(クラレ)が104メートルを飛び、110.8点で優勝、今季7勝目を挙げた。通算16勝目で、男子の葛西紀明(土屋ホーム)と並んでジャンプの日本勢最多となった。

 強風のため2回目の途中で打ち切りとなり、1回目の成績で順位が決まった。高梨は1回目の着地後に転倒したが、圧倒的な飛距離で制した。

 ソチ五輪代表で19歳の伊藤有希(土屋ホーム)が96.5メートルで初の表彰台となる2位に入った。岩渕香里(松本大)が9位、小浅星子(ライズ)が18位、渡瀬あゆみ(アインファーマシーズ)が22位、吉泉賀子(日本空調)が24位、茂野美咲(CHINTAI)が27位だった。

 竹田歩佳(ライズ)は34位、小林諭果(早大)は35位、山田優梨菜(長野・白馬高)は37位、山口瑞貴(札幌大)は40位、岩佐明香(北海道・札幌日大高)は42位に終わった。

(産経ニュース2014.1.18)

Oth14011813060015p2

=========================

 敵なしだな!

« 今年3回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 【男子ジャンプ】五輪代表の葛西、5度目V ジャンプHTB杯 »

スポーツ」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今年3回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 【男子ジャンプ】五輪代表の葛西、5度目V ジャンプHTB杯 »