2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 高梨、恩師に涙「メダル見せてあげられなくてごめんなさい」 | トップページ | 葛西が銀メダル、男子ラージヒル決勝 »

2014年2月20日 (木)

渡部暁が銀 ジャンプ2位から逆転ならず

 ノルディックスキー複合は12日、前半のジャンプ(ノーマルヒル)に続き、後半の距離(10キロ)が行われ、ワールドカップ(W杯)総合2位のエース渡部暁斗(北野建設)が銀メダルを獲得した。日本勢の同種目では、1994年リレハンメル五輪銀メダルの河野孝典・現代表コーチ以来。優勝はエリック・フレンツェル(ドイツ)。

 渡部善斗(早大)は15位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は22位、加藤大平(サッポロノルディックク)は31位だった。

 前半のジャンプで2位につけた渡部暁は、後半の距離(10キロ)をジャンプ首位のフレンツェルから6秒遅れでスタート。1週2・5キロを4周するコースで、両者は抜きつ抜かれつのマッチレースを展開したが、最後の直線でフレンツェルが一気に突き放した。渡部暁は4・2秒遅れでゴールした。

 渡部暁は前半のジャンプで出場46選手中、45番目に登場。渡部暁は高い飛び出しからK点超えの大ジャンプ。着地でテレマークも決め、得点を伸ばした。

Soc14021221570088p3

(産経ニュース2014.2.12)

「140212.pdf」をダウンロード

=========================

 荻原健司以来の快挙!

« 高梨、恩師に涙「メダル見せてあげられなくてごめんなさい」 | トップページ | 葛西が銀メダル、男子ラージヒル決勝 »

スポーツ」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡部暁が銀 ジャンプ2位から逆転ならず:

« 高梨、恩師に涙「メダル見せてあげられなくてごめんなさい」 | トップページ | 葛西が銀メダル、男子ラージヒル決勝 »