2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 名言:稲盛和夫(26) | トップページ | 名言:本田宗一郎(11) »

2014年10月10日 (金)

名言:吉田松陰(5)

 己れを以て人を責むることなく、
 一を以て百を廃することなく、
 長を取りて短を捨て、
 心を察して跡を略らば、
 則ち天下いづくにか往くとして
 隣なからん。



【訳】
 自分の尺度のみで他人を批判しない。
 一つの失敗だけで、
 その人の全てを駄目だといって見捨てない。
 その人の長所を取り上げ、
 短所は見ないようにする。
 心中を察して、
 結果を見ないようにする。
 このような気持ちで生きれば、
 どこへ行こうとも
 人が集まってこないことがあろうか。
 ありはしない。


『吉田松陰一日一言』より(致知出版社刊)

Image1010

« 名言:稲盛和夫(26) | トップページ | 名言:本田宗一郎(11) »

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言:吉田松陰(5):

« 名言:稲盛和夫(26) | トップページ | 名言:本田宗一郎(11) »