2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 大東亜戦争開戦(1941年/昭和16年12月8日) | トップページ | 稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方 »

2014年12月 9日 (火)

小田孔、3位で初の賞金王 優勝は宮本、今季最終戦

 

 男子ゴルフ今季最終戦、日本シリーズJTカップは7日、東京よみうりCC(7023ヤード、パー70)で最終ラウンドを行い、6位で出た42歳の宮本勝昌が6バーディー、1ボギーの65で回り、通算9アンダーの271で逆転、今季2度目の優勝でツアー通算10勝目を挙げ、賞金4000万円を獲得した。66をマークした36歳の小田孔明が6アンダーで3位に入り、650万円余りを上積みし、約1億3731万円で初の賞金王に輝いた。

 1打差の2位にプラヤド・マークセン(タイ)、小田孔と並ぶ3位に武藤俊憲、松村道央らが続いた。石川遼は通算1アンダーで15位だった。賞金3位の近藤共弘は2オーバーの17位、賞金4位の岩田寛は7オーバーの25位、賞金2位の藤田寛之は78と崩れ、11オーバーの28位に終わった。

(産経ニュース2014.12.7)

Spo1412070027p1

========================

 コースの相性、やはりあるな。

« 大東亜戦争開戦(1941年/昭和16年12月8日) | トップページ | 稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方 »

Golf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田孔、3位で初の賞金王 優勝は宮本、今季最終戦:

« 大東亜戦争開戦(1941年/昭和16年12月8日) | トップページ | 稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方 »