2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

今年31回目のラウンド(藤岡GC東)

 一進一退が続く。

*藤岡GC東:out47(18)+in46(17)=93(35)-HC17=76

http://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

41vpfgx1cgl__aa300_

2015年7月24日 (金)

救国の政治家 亡国の政治家~吉田茂から安倍晋三まで、歴代総理の器量~(中西輝政著)

内容紹介

 冷戦崩壊後、日本は「普通の国」になるチャンスを自ら放棄して「政治改革」と「政権交代」に狂奔したあげく、三流国に転落した。
そして今、マスメディアは再び「改革派」に権力を与えようと動いている。
改革熱と忘却の両極端に振れている限り、日本政治の危機は終わらない。
成熟した民主主義国家において、「政権交代」可能な政党の条件とは何か。
統治権力に就こうとする者が知っておかねばならないインテリジェンスの常識とは。
戦後政治の行き詰まりと、平成ポピュリズムがもたらした停滞を打破する。
米中による対日政界工作の最暗部を論じた、日本人覚醒の書。
渾身の最新長編書き下ろし!

内容(「BOOK」データベースより)

 民主党を生んだ土壌、新自由クラブに始まる左派的『改革論』の誤りを解明しない限り、戦後日本の一番重大な蹉跌は見えてこない。民主党政権・悪夢の三年三カ月の深層に迫る。

51py2bckhpl__sx341_bo1204203200_

2015年7月22日 (水)

花小金井サンバ

行ってきました。

サンバのツービート、最高ですね!

http://www.hanakoganei.net/

Img_3354w480

https://www.youtube.com/watch?v=u1dPfD4hwuo

https://www.youtube.com/watch?v=PV-jy52A0rg

2015年7月20日 (月)

人間

 人間の一生は陽炎のごとき

Flowers002

2015年7月19日 (日)

今年30回目(通算555回目)のラウンド(藤岡GC東)

 猛暑の中、修行に行ってきました。

 前半トリ1、ダボ2

 後半ダボ2

 いまひとつ集中力が足りません。

*藤岡GC東:out45(16)+in46(17)=91(33)-HC17=74

http://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

10552419_517942075000227_6442349037

2015年7月15日 (水)

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト(原田伊織著)

 

 書名からはスキャンダラスな印象を受ける読者もおられるかもしれないが、底流にあるものは史実を重んじる精神と、倫理観を重視して歴史を読み直そうとする著者独特の視座である。

 日本の近代を開いた明治維新-著者は、日本近代史の大前提となっているこの視点に異議を申し立てる。そして、明治維新を成し遂げたとされている著名な事件、事象の実相を詳しく整理し、幕末動乱の一連のムーブメントを狂信的原理主義によるテロリズムであったと説く。そのテロ行為の実態をもつぶさに列挙し、これまで語られてきた麗しい「明治維新物語」を明快に否定する。たとえば、「吉田松陰」は長州軍閥・山県有朋が創作した虚像だった、といったように…。

 この視点は、明らかに現代の公教育と真っ向から対立するが、それについても「我々は薩長がでっち上げた官軍教育のウソにいい加減気づくべきであろう」と舌鋒(ぜっぽう)は鋭い。

 特筆すべき点は、歴史解釈に長い時間軸を引く必要性を強調し、明治維新を、その後の昭和、平成に至る歴史と同じ時間軸に乗せて、「薩長のテロ革命さえなかったならば、日本が大東亜戦争に突入することはなかったであろう」と断じている点である。

 長州勢力の東北列藩に対する残虐行為にまで詳細に触れ、倫理観を殊更重視して語る著者のいちずともいえる筆致は、曖昧さの支配する現代社会に生きる私たちには鮮烈なインパクトを与える。著者の執念を感じさせる力作である。(毎日ワンズ・1500円+税)

 毎日ワンズ編集長 祖山大

http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E9%81%8E%E3%81%A1%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%97%E3%81%9F%E5%90%89%E7%94%B0%E6%9D%BE%E9%99%B0%E3%81%A8%E9%95%B7%E5%B7%9E%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E5%8E%9F%E7%94%B0-%E4%BC%8A%E7%B9%94/dp/490162282X

41rohp0n6hl__sx339_bo1204203200_

2015年7月13日 (月)

天皇の料理番

 終わりましたね・・・

 古き良き日本人が描かれていました。

 なかなかいいドラマでしたね・・・

http://www.tbs.co.jp/tenno_no_ryoriban/

O0800054613249970314

2015年7月12日 (日)

今年29回目のラウンド(藤岡GC東)

 フロント9もバック9もだめ・・・

 集中力の問題です。

*藤岡GC東:out47(18)+in49(18)=96(36)-HC17=79

http://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

36615_294294

2015年7月 9日 (木)

日本に恐ろしい大きな戦争が迫り来る(副島隆彦著)

内容紹介

 次期アメリカ大統領を決める2016年の大統領選挙がスタートした。

 最有力候補とされるヒラリー・クリントンが、もし大統領になったら、世界は一気に「大きな戦争(ラージウォー)」に突入する。

 安保法制を整備、憲法改正と、ヒラリーとネオコン同盟に呼応する安倍政権。

 極東で起こりうるアジア人どうしの戦争に、日本が巻き込まれないために、知っておくべきこと。

 副島隆彦が近未来を予測(予言)する!            

内容(「BOOK」データベースより)

 図表でわかる日本人が知っておくべき世界の最新情報。冷徹な近未来予測!

51g6rdekpxl__sx336_bo1204203200_

2015年7月 8日 (水)

7月8日(1918年:大正7年)

 飯塚毅TKC全国会初代会長のご生誕日ですね。

Flowers002

2015年7月 7日 (火)

TKC東京都心会創立20周年記念行事

ご縁を感じる1日となりました!

ご縁に感謝です。

Dsc_0378v480

2015年7月 5日 (日)

今年28回目のラウンド(藤岡GC東)

 No.2のロストボールから、メタメタに・・・

 メンタルの問題

 トリプルボギー4つは打ちすぎです。

*藤岡GC東:out51(18)+in44(14)=95(32)-HC17=78

http://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

10552419_517942075000227_6442349037

2015年7月 2日 (木)

「命の炎を燃やす」

一人の人間が生まれるためには2人の両親がいる。



その両親は生まれるためには、
それぞれ両親がいる。

二代で4人、三代で8人、四代で16人である。


このように命の起源をさかのぼっていくと、

二十代で104万8,576人、

二十五代で3,355万4,432人、

三十代で10億7,374万1,824人

という人数になる。

五十代、六十代とさかのぼれば、
天文学的数字となる。


その祖先のうち、
もし一人でも欠けていたら、
私たちの命はない。

命の炎が一回も途切れることなく
連綿と続いてきたからこそ、
私たちはいま、この世に生きている。

先祖からの命の炎を託(たく)されて、
私たちはこの世を生きている。


この事実を受け止める時、
粛然とした気持ちにならざるを得ない。

生きるとは単に生き永(なが)らえることではない。
先祖から預かった命の炎を精一杯燃やしていくことである。

※『致知』1997年6月号
       特集「生きる」/総リードより

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »