2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年35回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 映画「日本のいちばん長い日」 »

2015年8月25日 (火)

歴史の十字路に立って~戦後七十年の回顧~(石原慎太郎著)

内容紹介

平成27年は大東亜戦争の敗戦から70年。サンフランシスコ条約発効後、日本は独立を回復したことになっているが、それは虚構ではなかったか――。
こう主張する石原慎太郎氏は、少年時代の戦争の記憶、日本人としての敗戦の屈辱感を原体験とし、以後の自身の人生を戦後日本社会と重ねながら伴走してきた。衝撃のデビュー作『太陽の季節』ではピュリティという青春の価値を大人たちに叩きつけた。また青年作家としてベトナム戦争を取材した際には「日本の亡国」という危機感を抱き、「祖国のイメイジ回復」を掲げて国政の場に飛び込んだ。
爾来、石原氏は日本の政治風土の中で特異な存在として、直言、行動を続ける。東京都知事就任、そして再び国政に復帰して政界引退を表明するまで、圧倒的な存在感を発揮してきた。その石原氏に、戦後70年を迎えようとする日本はどのように映っているか。
作家、政治家として時代と格闘してきた著者の書き下ろし自叙伝。                 

内容(「BOOK」データベースより)

日本の「独立」は虚構だった。作家、政治家として時代と格闘してきた著者の書き下ろし自叙伝。

http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E5%8D%81%E5%AD%97%E8%B7%AF%E3%81%AB%E7%AB%8B%E3%81%A3%E3%81%A6-%E7%9F%B3%E5%8E%9F-%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4569823696

51eugwqdxkl__sx347_bo1204203200_

« 今年35回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 映画「日本のいちばん長い日」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

懐かしい昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の十字路に立って~戦後七十年の回顧~(石原慎太郎著):

« 今年35回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 映画「日本のいちばん長い日」 »