2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« ドラマ「小林一三」 | トップページ | 今年39回目のラウンド(藤岡GC東) »

2015年9月18日 (金)

戦後七〇年 国家の岐路(櫻井よしこ著)

内容紹介

戦後70年、「神風」が吹いている。
節目の年、日本は「どちら」に向かうべきか?

憲法改正、中国外交、安倍談話、朝日誤報、
慰安婦問題、集団的自衛権、沖縄基地、イスラム国…
この国に蔓延する「俗論」を人気ジャーナリストが「一刀両断」!!

--
中国が力づくで他国の領土や海を削り取り続け、一向にその蛮行を止めようとしない。
諸国は中国の脅威を切実に感じ取り、日本に対して、
普通の民主主義国家となって、アジアを支えてほしいと切望している。
安倍首相と日本にとって、まさに神風が吹いているのである。
いまほど世界が日本を求めている時代はない。(本文より)
--

◆ 第1章 いま、日本が勁くなるために
 壮絶な幼少時代を過ごした下村文科相の教育改革
 どこか焦点がずれている安倍政権の女性・少子化対策
 福島「吉田調書」をめぐり全面対立する『朝日』と『産経』
 日本人はどのくらい固有の道を歩んできたか   など

◆ 第2章 日本のメディアと歴史戦
 河野談話の取り消しこそが「慰安婦問題」の最重要課題
 憲法改正を後押しする心強い日本の女性たち
 『朝日』と元記者の責任逃れを許してはならない
 『産経』支局長を起訴した韓国・朴政権の言論弾圧   など

◆ 第3章 日本に迫り来る脅威と混乱
 深い教養と残虐さを併せ持つ中国人とどう向き合うか
 間違いを垂れ流す日本の「学ばない」新聞記者たち
 国を挙げてのトヨタ叩き 振り払えない米国への疑惑
 「亡国の外務省」徹底批判 なぜ日本外交はつまずくのか   など

◆ 第4章 戦後70年の岐路に立つ日本
 2015年は国家の岐路 憲法改正の議論の本格化を!
 習近平政権が仕掛ける邪悪な〝米国洗脳〟
 中国が仕掛ける「歴史戦」 真の歴史証言の世界発信が急務
 戦後70年の「安倍談話」 内容は首相に一任を   など

◆ 第5章 日本復権に何が欠かせないのか
 慰安婦問題をめぐって世界の対日世論が変わりつつある
 中国がAIIBで仕掛ける米欧関係の引き裂き
 川崎中学生殺害事件で問われる少年法と情報公開
 世界は日本に期待する! 見事だったバンドン会議の安倍演説   など

◆ 第6章 凛たる国家へ
 国家の意思を明示するインドの対中姿勢に学べ
 憲法9条の下で日本の無力化を望む米国人たち
 国益観ある安保法制に向けてニクソン外交に学べ
 攻める中国、受け身の米国 世界のパワーバランスが変わる   など                 

内容(「BOOK」データベースより)

節目の年、「神風」が吹いている。好機を逃すな、この国に蔓延する俗論を一刀両断!!

 http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E5%BE%8C%E4%B8%83%E3%80%87%E5%B9%B4-%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%B2%90%E8%B7%AF%E2%80%95%E2%80%95%E2%80%95%E8%AB%96%E6%88%A62015-%E6%AB%BB%E4%BA%95-%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%93/dp/4478066728

51ly2uluexl__sx347_bo1204203200_

« ドラマ「小林一三」 | トップページ | 今年39回目のラウンド(藤岡GC東) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後七〇年 国家の岐路(櫻井よしこ著):

« ドラマ「小林一三」 | トップページ | 今年39回目のラウンド(藤岡GC東) »