2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 歴史の遺訓に学ぶ (日本を拓いた偉人たち)(渡部昇一、堺屋太一共著) | トップページ | 6月13日 »

2016年6月12日 (日)

マッカーサーと日本占領(半藤一利著)

内容紹介

本書は、米軍の空襲で焦土となった町にたたずむ女性の写真をカバーに掲げ、また、巻頭の24ページを使って、占領期日本の光景を、生々しい写真で伝えることから始まっている。そう、我ら日本人は、ここから立ち上がって来たのだ。著者は、「マッカーサーの顔なんか見たくもない」と言う。この言葉こそ、戦後を生きてきた人びとの反骨心の原点であろう。マッカーサーによる6年足らずの統治下において、さまざまな大変革が成された。そして、それらはいまだに、憲法問題、国防問題、教育問題、沖縄問題、人権問題などなど、世論を二分して、この国を揺り動かしている。先の大戦から70年を経て、日本人にとっては、これらの問題の現代的事情をふまえた解決が、当面の問題となるだろう。そして、新たな国家目標をもって未来に漕ぎ出すために、“あの時代"に行われたことを振り返っておくべきである。著者が祈りを込めて贈る、「日本のいちばん悲しかった日々」。    

内容(「BOOK」データベースより)

廃墟から立ち上がりここまできた我ら日本人。国家目標を見失った今こそ、見直したい“あの時代”!

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%A0%E9%A0%98-%E5%8D%8A%E8%97%A4-%E4%B8%80%E5%88%A9/dp/4569825818/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1465654479&sr=8-1&keywords=%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%A0%E9%A0%98

61q7o4hreql__sx331_bo1204203200_

« 歴史の遺訓に学ぶ (日本を拓いた偉人たち)(渡部昇一、堺屋太一共著) | トップページ | 6月13日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッカーサーと日本占領(半藤一利著):

« 歴史の遺訓に学ぶ (日本を拓いた偉人たち)(渡部昇一、堺屋太一共著) | トップページ | 6月13日 »