2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年26回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 今年27回目のラウンド(藤岡GC東) »

2016年7月26日 (火)

カエルの楽園(百田尚樹著)

内容紹介

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。
ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。
大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。    

内容(「BOOK」データベースより)

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A5%BD%E5%9C%92-%E7%99%BE%E7%94%B0%E5%B0%9A%E6%A8%B9/dp/4103364122

Ka

« 今年26回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 今年27回目のラウンド(藤岡GC東) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの楽園(百田尚樹著):

« 今年26回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 今年27回目のラウンド(藤岡GC東) »