2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 国会議員に読ませたい敗戦秘話(産経新聞取材班) | トップページ | 墓参 »

2016年8月11日 (木)

天皇畏るべし 日本の夜明け、天皇は神であった(小室直樹著)

内容紹介

アジアに於いて早々と近代化し、欧米の侵略を許さなかったのは日本のみ。
畏るべし——
天皇が神であったからである。

  天皇は日本国民に、近代化を遂行する為の権威と力を与えた
日本の深淵に社会科学的分析の光を当てて本質を解明する!
1986年文藝春秋社刊行『天皇恐るべし』再刊行。

【著者の言葉】
◉——「保元の乱」(一一五六年)で、我が誇るべき天皇システムは解体され、日本の根本規範、倫理道徳は木端微塵(こっぱみじん)となり、腕尽くの世(武士の世)となってしまった。
漸(ようや)く明治維新で天皇は「現人神(あらひとがみ)」として復活された。
「天皇は神聖にして侵すべからず」である。
そも「現人神」とは、如何なる神であるか。
イエス・キリストを想え。彼は完全な人であると同時に完全な神。
肉体は人間、本性は神。これぞ「現人神」ではないか。
神としての天皇はキリスト教に於ける神と著しく類似してくる。
本書の目的は、この摩訶不思議な天皇に社会科学的分析の光を当てて、その本質を解明することにある。    

内容(「BOOK」データベースより)

アジアに於いて早々と近代化を目指しつつも、欧米の侵略を許さなかったのは日本のみ。畏るべし―天皇が神であったからである。天皇は日本国民に近代化を遂行する為の権威と力を与えた。日本の深淵に社会科学的分析の光を当てて本質を解明する!

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%95%8F%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%97-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%80%81%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AF%E7%A5%9E%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F-%E5%B0%8F%E5%AE%A4-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/4828418792

51leo8t1rbl__sx335_bo1204203200_

« 国会議員に読ませたい敗戦秘話(産経新聞取材班) | トップページ | 墓参 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇畏るべし 日本の夜明け、天皇は神であった(小室直樹著):

« 国会議員に読ませたい敗戦秘話(産経新聞取材班) | トップページ | 墓参 »