2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年27回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 今年28回目のラウンド(藤岡GC東) »

2016年8月 4日 (木)

韓民族こそ歴史の加害者である(石平著)

内容紹介

過去の反省から、戦後日本では朝鮮史を「大国に翻弄された被害者」と同情的に見るのが一般的だった。
だが日本中心の視点を捨てて、中朝関係史をくわしく見れば、韓民族が主体的に外国からの侵略軍を招き入れ、民族内部の主導権争いと
国家統一にくり返し利用してきたことがわかる。二千年近く中国に向けられてきた、悪癖ともいえる特異な行動原理が、
近代では日清露に、そして戦後は米中ソに対して発揮されたことを、本書は冷静に解き明かしていく。
たとえば高麗王朝は、政権内の粛清と国内反乱の鎮圧のため、モンゴルの軍事介入を頼みにしたことで、
日本遠征・再征の主役を、自らかって出るようになった。
あるいは朝鮮戦争では、金日成が自分のために戦争を開始しただけでなく、李承晩が無理やり引き延ばしたために、
自民族の犠牲が極大化し、米中の若者に無駄な流血を強いることになった。半島政治の指導者層こそ、歴史の加害者なのである。
現在の北朝鮮と韓国のふるまいも、「千年不変の被害者」の行動ではなく、民族内対立に外国を巻き込んで利用しようとする結果、
地域の軍事的緊張を高め、無用の戦争を起こす「東アジアのトラブルメーカー」の伝統に忠実な証だという。
著者独自の東アジア史を俯瞰する視点は、二国間の感情に引きずられがちな日本人の、朝鮮半島における「戦争と平和」への
見方に、大きな修正を迫るものとなる。
渾身の書き下ろし!    

内容(「BOOK」データベースより)

“千年不変の被害者”がひた隠す真実。半島内の紛争に外国勢力を引き込む「伝統芸」!

https://www.amazon.co.jp/%E9%9F%93%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%81%93%E3%81%9D%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E5%8A%A0%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B-%E7%9F%B3%E5%B9%B3/dp/4864104611

513nhepidyl__sx340_bo1204203200_

« 今年27回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 今年28回目のラウンド(藤岡GC東) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓民族こそ歴史の加害者である(石平著):

« 今年27回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 今年28回目のラウンド(藤岡GC東) »