2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

今年6回目のラウンド(淡水ゴルフカントリークラブ(台湾) )

 こちらも難儀でした。

*淡水GC:out53(16)+in61(20)=114(36)-HC17=97

Dsc_0528w1024

Dsc_0529w1024_2

Dsc_0534w1024_2

2017年2月27日 (月)

今年5回目のラウンド(ミラマーゴルフカントリークラブ(台湾) )

 いや~、難しかったです。

*ミラマーCC:東50(20)-南57(19)=107(39)-HC17=90

Dsc_0513v1024

Dsc_0512w1024

2017年2月17日 (金)

国際法で読み解く世界史の真実(倉山満著)

内容紹介

・明治日本はなぜ成功できたのか?
・ナチス・ドイツと昭和の日本は何が違うのか?
・「戦争廃止」によって、なぜ残虐な紛争が続発するようになったのか?
世界の歴史を通観すると多くの疑問に出会う。しかし実は「国際法」を理解すれば、たちまち疑問は氷解する。そして、日本がなぜ「侵略国」などではありえないのかも、すぐにわかる。「国際法」は、すべての謎を解く、最強の武器なのである。
では、国際法とは何か。それを知るために重要なのは、ヨーロッパで戦われた最後の宗教戦争=“30年戦争"である。この戦争のあまりに悲惨な殺戮に直面した法学者グロチウスは、戦争を「無法で残忍な殺し合い」から「ルールに基づく決闘」に変えようと考えた。「戦争に善いも悪いもない。だからこそ戦争にも守るべき法がある」――国際法は、このような思考から生みだされてきたのであった。
  「国際法に基づく『決闘としての戦争』が許されたのは文明国だけ」「戦争に善いも悪いもない」「国際法に違反するとはどういうことか」……。これらがわかれば、これまで見えなかった「歴史の構図」が見えてくる。世界史の本質を解き明かし、日本人を賢くする驚愕の一冊。


◆第1章:国際法で読む国別「傾向と対策」
◆第2章:武器使用マニュアルとしての「用語集」
◆第3章:国際法はいかに成立し、進化したか
◆第4章:国際法を使いこなした明治日本、破壊したウィルソン
◆第5章:満洲事変とナチス・ドイツを一緒くたにする愚
◆第6章:「戦争がない世界」は夢か欺瞞か    

内容(「BOOK」データベースより)

ヨーロッパで戦われた最後の宗教戦争である“30年戦争”。そのあまりに悲惨な掠奪と殺戮に直面した法学者グロチウスは、戦争を「無法で残忍な殺し合い」から「ルールに基づく決闘」に変えようと考える。「戦争に善いも悪いもない。だからこそ戦争にも守るべき法がある」―この思考から生みだされてきたものこそ国際法であった。この国際法を「ものさし」にして歴史を読み解くと、これまで見えなかった構図が手に取るように見えてくる。世界史のすべての謎を解き明かす「最強の武器」としての国際法をわかりやすく解説。日本人を賢くする驚愕の一冊。

https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%80%89%E5%B1%B1-%E6%BA%80/dp/4569832040

51t2g3x9rll__sx298_bo1204203200_

2017年2月15日 (水)

田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得(別冊宝島編集部著)

内容紹介

不世出の政治リーダーとして、日本人に鮮やかな記憶を残した田中角栄。
その言葉とふるまいは、世界の要人から雪国の庶民まで、あらゆる人間を魅了し続けた。
時代を超えて語り継がれる人間・田中角栄の「人生と仕事の心得」を厳選した100の言葉で伝える。
また、時代を映す角栄の秘蔵写真を言葉の数に合わせて収録。日本人必読の「座右の書」。    

内容(「BOOK」データベースより)

「やる気」を引き出す天才、心に残る「角さん」の名語録。

https://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%A7%92%E6%A0%84-100%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89-~%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%B4%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%A8%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%BF%83%E5%BE%97-%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4800237327

514ktqgffql__sx336_bo1204203200_

2017年2月13日 (月)

「カエルの楽園」が地獄と化す日(百田尚樹、石平共著)

                                    
                        

内容紹介

ベストセラー寓話小説『カエルの楽園』のストーリーが半分以上、現実化してしまった2016年。
中国は本気だ!  警告の書のつもりが、このままでは予言の書になってしまう。
何としても中国を止めなければいけないと考えた二人が、全身全霊をかけて日本人に訴えます。
中国の軍事的脅威を直視できない日本は、侵略をみずから呼び込む病に陥りました。
他国と同程度の国防意識を国民が持つだけで万事解決するのに、
このままでは【尖閣を奪われ】【沖縄独立を座視する】のは必至です。
米軍基地を追い出し、自衛隊を解消しようとする現実の社会運動とマスコミの共闘から見えてきた、日本滅亡へのカウントダウン。

<目次より>
はじめに(石平)
1章 戦わずして尖閣を奪われるシナリオ
・軍隊が侵入してきた
・中国は日本の報道を見て、侵略を加速させている
・沖縄・反基地闘争とリンクする中国の動き
・「侵略してもOK」と中国に確信させた、6月のマスコミ論調
2章 中国はなぜ日本侵略を企むのか
・人が住めない環境、暮らせない社会
・最下層の流動人口、「男余り」、無戸籍者
・海洋強国建設の狙い
3章 チベット、ウイグルで見た恐ろしい支配の実態
・中華帝国と戦った異民族を取り込み、版図を拡大してきた歴史
・日本人は「消滅すべき民族」
・虐殺で権力を握った中国共産党史
4章 沖縄「独立」を足がかりにした侵略
・米軍を足止めできれば、すぐに尖閣は奪われる
・日本の総理大臣は決断できるか
・沖縄の切り離し工作が進んでいる
・日本は「琉球独立」を容認する
5章 日本が中国に占領されるとき
・史上もっとも安全な時代に、最大の軍拡に走る異常な国
・沖縄独立後に何が起きるか シミュレーション1
・沖縄の次は九州 シミュレーション2
・賠償請求と「詰めの一手」 シミュレーション3    
・日本占領 シミュレーション4
・すべての「反中勢力」の肉体的消滅と徹底的な経済搾取
・日本人の奴隷化と強制移住
おわりに(百田尚樹)

出版社からのコメント

ベストセラー作家と、中国人の本心を知りつくす専門家の、8時間にわたる緊迫したやりとりを書籍化しました。
「これほど充実し、かつ緊張感に満ちた対談は滅多にあるものではありません。
二日間の対談を終えると、マラソンでも走ったあとみたいにぐったりとなりました。こんなことも初めての経験です」(「おわりに」より)。
中国の出方を読み切った、戦慄の書です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A5%BD%E5%9C%92%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%9C%B0%E7%8D%84%E3%81%A8%E5%8C%96%E3%81%99%E6%97%A5-%E7%99%BE%E7%94%B0%E5%B0%9A%E6%A8%B9/dp/4864105227

51liejcqyl__sx339_bo1204203200_

2017年2月12日 (日)

今年4回目のラウンド(藤岡GC西)

 行ってきました、冬修行。

 前半4ダボ、1トリ、後半3ダボ、1トリ。

 4パットも出てしまいました。

*藤岡GC西:out49(18)+in46(20)=95(38)-HC17=78

https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126&_ga=1.165976759.823585370.1430036018

Dsc_0475w1024

2017年2月 4日 (土)

鋼のメンタル(百田尚樹著)

内容紹介

最後に勝つのは、精神力だ。
ベストセラー作家が初めて明かす、最強のメンタルコントロール術!

他人の目が気になってしかたがない、悪口に落ち込む、すぐにクヨクヨする、後悔を引きずる、人前であがってしまう……そんな悩みを抱える人は多いでしょう。
でも大丈夫。考え方ひとつで、誰でも「精神の強さ」は鍛えられるのです。
マスコミ、ネットで激しいバッシングを受けても、へこたれずに我が道を行く「鋼のメンタル」は、どのように形成されたのか。
著者初の人生論にして、超実践的メンタルコントロール術!


まえがき

第一章 打たれ強さの鍛え方
     人は自分が思っているより強い/打たれ強さは鍛えられる
     バッシングを恐れるな/闘争心を忘れたらおしまい
受験勉強は大いに意味がある

第二章 挫折との付き合い方
     負けることもまた楽しい/へこむ時はへこめ
後悔はするだけ無駄/女性にふられることを恐れるな
人生はジェットコースターの方が楽しい

第三章 心の立て直し方
     死に逃げてはいけない/あなたの悩みは本当の悩みか
心を壊すのも立て直すのも自分/人間関係で悩むのは幸せな証拠
     人間の耐久力には限界がある

第四章 精神の解毒法
     他人の目が異常に気になる人へ/有言実行を心掛けてみよう
     お世辞くらい上手に言え/他人の悪口は大いに言うべし
謝罪と訂正を躊躇するな/百年後の世界から自分を見てみよう

第五章 鋼の処世訓
     幸せの基準を他人に求めるな/自分をわかってくれないと嘆くな
一日で変わった者は一日で元に戻る/口論に負けない方法
へらへら笑うな/配偶者に理想を求めるな/なぜ人前であがるのか?
SNSで嫌われることを恐れるな

第六章 「成功」の捉え方
     喜怒哀楽があってこその人生/「自分の藪に張り付いていろ」
     人生は一発勝負/人生の優先順位を間違うな

あとがき    

内容(「BOOK」データベースより)

他人の目が気になってしかたがない、悪口に落ち込む、すぐにクヨクヨする、後悔を引きずる、人前であがってしまう…そんな悩みを抱える人は多いでしょう。でも大丈夫。考え方ひとつで、誰でも「精神の強さ」は鍛えられるのです。マスコミ、ネットで激しいバッシングを受けても、へこたれず我が道を行く「鋼のメンタル」は、どのように形成されたのか。著者初の人生論にして、即効性抜群の実践的メンタルコントロール術!

https://www.amazon.co.jp/%E9%8B%BC%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%99%BE%E7%94%B0-%E5%B0%9A%E6%A8%B9/dp/4106106795

51shojs9a0l__sx314_bo1204203200_

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »