2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得(別冊宝島編集部著) | トップページ | 今年5回目のラウンド(ミラマーゴルフカントリークラブ(台湾) ) »

2017年2月17日 (金)

国際法で読み解く世界史の真実(倉山満著)

内容紹介

・明治日本はなぜ成功できたのか?
・ナチス・ドイツと昭和の日本は何が違うのか?
・「戦争廃止」によって、なぜ残虐な紛争が続発するようになったのか?
世界の歴史を通観すると多くの疑問に出会う。しかし実は「国際法」を理解すれば、たちまち疑問は氷解する。そして、日本がなぜ「侵略国」などではありえないのかも、すぐにわかる。「国際法」は、すべての謎を解く、最強の武器なのである。
では、国際法とは何か。それを知るために重要なのは、ヨーロッパで戦われた最後の宗教戦争=“30年戦争"である。この戦争のあまりに悲惨な殺戮に直面した法学者グロチウスは、戦争を「無法で残忍な殺し合い」から「ルールに基づく決闘」に変えようと考えた。「戦争に善いも悪いもない。だからこそ戦争にも守るべき法がある」――国際法は、このような思考から生みだされてきたのであった。
  「国際法に基づく『決闘としての戦争』が許されたのは文明国だけ」「戦争に善いも悪いもない」「国際法に違反するとはどういうことか」……。これらがわかれば、これまで見えなかった「歴史の構図」が見えてくる。世界史の本質を解き明かし、日本人を賢くする驚愕の一冊。


◆第1章:国際法で読む国別「傾向と対策」
◆第2章:武器使用マニュアルとしての「用語集」
◆第3章:国際法はいかに成立し、進化したか
◆第4章:国際法を使いこなした明治日本、破壊したウィルソン
◆第5章:満洲事変とナチス・ドイツを一緒くたにする愚
◆第6章:「戦争がない世界」は夢か欺瞞か    

内容(「BOOK」データベースより)

ヨーロッパで戦われた最後の宗教戦争である“30年戦争”。そのあまりに悲惨な掠奪と殺戮に直面した法学者グロチウスは、戦争を「無法で残忍な殺し合い」から「ルールに基づく決闘」に変えようと考える。「戦争に善いも悪いもない。だからこそ戦争にも守るべき法がある」―この思考から生みだされてきたものこそ国際法であった。この国際法を「ものさし」にして歴史を読み解くと、これまで見えなかった構図が手に取るように見えてくる。世界史のすべての謎を解き明かす「最強の武器」としての国際法をわかりやすく解説。日本人を賢くする驚愕の一冊。

https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%80%89%E5%B1%B1-%E6%BA%80/dp/4569832040

51t2g3x9rll__sx298_bo1204203200_

« 田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得(別冊宝島編集部著) | トップページ | 今年5回目のラウンド(ミラマーゴルフカントリークラブ(台湾) ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際法で読み解く世界史の真実(倉山満著):

« 田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得(別冊宝島編集部著) | トップページ | 今年5回目のラウンド(ミラマーゴルフカントリークラブ(台湾) ) »