2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

日本人として知っておきたい「世界激変」の行方(中西輝政著)

内容紹介

「トランプ、プーチン、習近平」の三人が勢揃いした世界が、日本にとってもはや安泰な世 界であろうはずはない。
トランプ大統領の誕生と「孤立主義化」するアメリカ。覇権主義的動きを強めるロシアのプーチンと中国の習近平。激震し、分裂に向けて動くかのごときEU。「地獄のオセロゲーム」と化すアジア……。
いま、誰の眼にもわかる形で、世界は激しく音を立てて崩れ、明らかにこれまでの秩序は後戻りすることのない大変動を始めた。これから世界で何が起きるのか。そして、そのなかで日本はどうすべきなのか。
大きな流れを見通すならば、すべての構図は「グローバリズムの終焉」とそれに伴う「アンチ・グローバリズム」「オールド・グローバリズム」「ネオ・グローバリズム」という三勢力の相克から読み解ける。

いま直面する「危機」を考えるとき、もはや日本は「普遍的価値」も捨てるときは捨て、自らの生存を最優先に考えねばならぬ――日本人の覚悟を問う、刮目の書。

第一章 トランプのアメリカで世界に何が起きるか
第二章 日露“北方領土"交渉と売国の危機
第三章 介入か孤立か――パックス・アメリカーナの行方
第四章 「グローバリズムの限界」に直面し流動化する世界
第五章 「地獄のオセロゲーム」化するアジア
第六章 これから十年、日本はどうすべきか

内容(「BOOK」データベースより)

トランプ大統領の誕生と「孤立主義化」するアメリカ。覇権主義的動きを強めるロシアのプーチンと中国の習近平。激震のEU。「地獄のオセロゲーム」と化すアジア…。すべての構図は「グローバリズムの終焉」とそれに伴う「アンチ・グローバリズム」「オールド・グローバリズム」「ネオ・グローバリズム」という三勢力の相克から読み解ける。いま直面する「危機」を考えるとき、もはや日本は「普遍的価値」も捨てるときは捨て、自らの生存を最優先に考えねばならぬ―現在の世界を動かす大きな流れを読み抜き、日本人の覚悟を問う、刮目の書。

https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%BF%80%E5%A4%89%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%96%B9-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%AD%E8%A5%BF-%E8%BC%9D%E6%94%BF/dp/4569832245

51krsiggypl__sx294_bo1204203200_

2017年3月26日 (日)

今年11回目のラウンド(藤岡GC西)

 いよいよスループレーの季節がやってきました。

 前半の2オン4パットが響き、波に乗れず・・・

*藤岡GC西:イン50(22)+out48(15)=98(37)-HC17=81

https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

Dsc_0644w1024

Dsc_0645w1024

2017年3月24日 (金)

雑談力(百田尚樹著)

内容紹介

多くの人は雑談について「相手が興味を持ちそうな話をすればいい」と思っているが、それは大きな勘違い。じつは本当に面白い話題とは、「話し手が一番興味がある話題」である。そしてその話の構成を工夫しさえすれば、誰もが引き付けられる話になるのだ。
「書くより喋る方が100倍も好き」と語るベストセラー作家が、面白い話を構成する技術を開陳。「地球上には、自然界で生きていけない動物が一種類だけいる」といった薀蓄(うんちく)や、一度聞いたら忘れられない著者自身の失敗談など「ウケるネタの具体例」も満載。雑談で人を楽しませる快感を味わうための一冊!
(ダメな雑談を面白くする三か条)
1 相手の興味に合わせるな
2 「つかみ」で相手を揺さぶれ
3 話の「急所」を押さえよ
(本書で紹介する「ネタ」)
●惑星の「惑う」って、どういう意味?
●百田尚樹が爆笑した傑作ツイッター
●ラブレターで大失敗
●直線がない奇跡の戦闘機、零戦の話
●特殊な能力でナチス・ドイツを騙した男
●宮本武蔵、実は佐々木小次郎と1対1で戦っていない?etc    

内容(「BOOK」データベースより)

多くの人は、雑談について「相手が興味を持ちそうな話をすればいい」と思っているが、それは大きな勘違い。じつは本当に面白い話題とは、「話し手が一番興味がある話題」である。そしてその話の構成を工夫しさえすれば、誰もが引き付けられる話になるのだ。「書くより喋る方が100倍も好き」と語るベストセラー作家が、面白い話を構成する技術を開陳。「地球上には、自然界で生きていけない動物が一種類だけいる」といった薀蓄や、一度聞いたら忘れられない著者自身の失敗談など「ウケるネタの具体例」も満載。雑談で人を楽しませる快感を味わうための一冊!

https://www.amazon.co.jp/%E9%9B%91%E8%AB%87%E5%8A%9B-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%99%BE%E7%94%B0-%E5%B0%9A%E6%A8%B9/dp/4569831796

51w70stx9l__sx300_bo1204203200_

2017年3月21日 (火)

「最高のチーム」の作り方(栗山英樹著)

内容紹介

心を持った「最高」のチームを目指せ――
現役最長監督が「言葉から逃げず」に記した勝利への哲学!
■大谷翔平に言い続けた「二刀流はチームの勝利のためでなければ意味がない」
■4番・中田翔に代打を出した本当の理由
■西川遥輝の価値観が変わった。「本当に能力がある人はほかのところで勝負しようとしない」
■宮西尚生に5回頼まれた「声出し」。ちゃちゃを入れて来る西川遥輝。
■スタメン落ち、田中賢介にあてたメッセージ
■吉井理人コーチとのやりとり。「意見がぶつかることを恐れ、主張を取り下げることはチームにとってマイナス」
■「仕方ない、また明日」と監督が思うようになったら終わり
悲願の日本一を遂げた北海道日本ハムファイターズ。
大谷翔平の活躍、中田翔の勝負強さ、増井浩俊の先発転向、西川遥輝の覚醒……多くの選手がその力を存分に発揮し、かつてない一年を演出した。
では、なぜ彼らは輝くことができたのか――。
その裏にいたのが、監督・栗山英樹であった。
「監督の仕事とは選手を輝かせること」
「苦しむことには意味がある」
その信念のもとで現場に落とし込んでいった戦略、哲学、言葉とは――?
「最強」ではなく「最高」のチームを作り、強くなっていったファイターズの秘密を書く
。    

内容(「BOOK」データベースより)

苦しむことには意味がある。日本一、二刀流、采配、大逆転…非常識を実現し、感動を呼び込む栗山イズム。栗山英樹が体感した二度とない1年。5年を経て考えた「監督とは何か」

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9-%E6%A0%97%E5%B1%B1-%E8%8B%B1%E6%A8%B9/dp/4584137668

51q4rprqjql__sx338_bo1204203200_

2017年3月20日 (月)

春分の日:墓参

 母上と墓参してきました。

 もうすぐ春ですね。

 おかげさまで、みな元気でがんばっています。

 いつもありがとうございます。

Dsc_0646v1024_2

2017年3月19日 (日)

今年10回目のラウンド(藤岡GC東)

 なんとか「47」「47」

 なかなかもどりませんね~

*藤岡GC東:イン47(13)+47(15)=94(28)-HC17=77

https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126&_ga=1.91594003.823585370.1430036018

Dsc_0603w1024

2017年3月12日 (日)

今年9回目のラウンド(藤岡GC西)第2回名誉局長杯

 4番ボール探せず、5番誤球

 

 第5位でした。

 優勝は見事T氏でした。

 おめでとうございます。

*藤岡GC西:in55(17)+out51(14)=106(31)-HC17=89

Dsc_0577w1024

2017年3月 9日 (木)

カルロス・ゴーンの経営論 グローバル・リーダーシップ講座(公益財団法人日産財団監修)

内容紹介

「周囲が『このままでいい』というなか、自分1人だけでも『ノー』と言えなければならない」
「リーダーであることを決めるのは、自分ではなく周囲の人である」
「リーダーはポーカーフェイスでなければならない」
「トップが後継を指名するのは間違い」
──大手・中堅企業の幹部候補生を対象にした「逆風下の変革リーダーシップ養成講座」。500分に及ぶ受講生とゴーンとの白熱のやりとりをリアルに再現。

◆実践からしか学べないリーダーシップ
日産の再生、EVなど新たなクルマの開発、そして三菱自動車会長職--今もっとも注目を集めるリーダー、カルロス・ゴーン。本書は、日産財団と早稲田大学が中心となった社会人向け特別プログラム「逆風下のリーダーシップ養成講座」において大手・中堅企業の幹部候補生たちの質疑に応じた「ゴーンセッション」を再構成。その経営理念と信念を、グローバル時代のリーダーシップのあり方に焦点を当て、説き明かすもの。厳しいグローバル競争のなかに身を置き、実績を出し続けてきたゴーンならではの「金言」満載で、教科書からは学べない、まさに実践の書。

◆ゴーン版「白熱教室」
受講生たちの鋭い質問を受けゴーンが熱く語るリーダー論を中心に、彼のもとナンバーツーとして日産再生に尽くした志賀俊之氏が語る知られざるゴーンの素顔とリーダーを支えるフォロワーの役割を、『白熱教室』ばりのライブ感で再現。さらに、経営学者がアカデミックな視点から、現代に求められるリーダーシップ論を深掘り解説する。    

著者について

公益財団法人日産財団(監修)
1974年、財団法人日産科学振興財団として日産自動車により設立。
2011年、公益財団法人への移行を契機に、名称を公益財団法人日産財団に変更。人材育成を活動の軸として社会貢献活動を行っている。

太田 正孝(編著)
早稲田大学商学学術院教授。博士(商学)。
早稲田大学商学部卒。同大学院商学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
同大学院商学研究科長、早稲田大学常任理事、MIT客員研究員、IMD客員教授、英ケンブリッジ大学客員研究員等を歴任。

池上 重輔(編著)
早稲田大学商学学術院准教授。博士(経営学)。
早稲田大学商学部卒。英ケンブリッジ大学経営大学院経営学修士、英シェフィールド大学大学院国際政治経済学修士ほか。BCG、ソフトバンク、ニッセイ・キャピタルなどを経て、現職。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%AB%96-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB-%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E8%AC%9B%E5%BA%A7-%E5%85%AC%E7%9B%8A%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E6%97%A5%E7%94%A3%E8%B2%A1%E5%9B%A3/dp/4532321301/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1489018813&sr=8-1&keywords=%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%AB%96

51j5moqu5al__sx352_bo1204203200_

2017年3月 5日 (日)

今年8回目のラウンド(藤岡GC東)第1回名誉局長杯

 苦戦するもHCに恵まれ、優勝できました。

*藤岡GC東:in48(17)+out50(15)=98(32)-HC17=81

Dsc_0565w1024

Dsc_0566w1024

 

2017年3月 3日 (金)

ひなまつり

 わが家の男雛、女雛。

 いい顔してます。

Dsc_0583w1024

2017年3月 2日 (木)

今年7回目のラウンド(藤岡西)

 すこし戻りましたかね。

*藤岡GC西:out45(15)-in48(16)=93(31)-HC17=76

Dsc_0555w1024

Dsc_0557w1024

2017年3月 1日 (水)

なぜニッポンは歴史戦に負け続けるのか(中西輝政、西岡力共著)

内容紹介

慰安婦、南京、靖国など、反日勢力によって次々に仕掛けられる歴史戦。
なぜ、ニッポンは負け続けるのか。
保守論壇の大御所・中西輝政氏と朝鮮半島問題のスペシャリスト・西岡力氏が、
20世紀の国際関係史を読み解き、本当に必要な歴史認識とは何かを示す。

本書で語られる主な内容
●「戦後70年談話」作成にかかわった有識者懇談会の驚くべき内幕
●東京裁判史観を信奉する戦後マスコミと歴史学界のふがいない実情
●「慰安婦問題」で日本の名誉を貶め続ける外務省の無策の理由
●20世紀の世界史に脅威を与え続けてきた共産主義の恐るべき実態
●戦前の日本を対米戦争に追い込んだ国際社会の邪悪な実情、など

内容(「BOOK」データベースより)

慰安婦、南京、靖国…反日勢力によって次々に仕掛けられる歴史認識をめぐる戦い。なぜ、日本は反撃できないのか。東京裁判史観によって封印された民族の歴史を取り戻すことは、永遠に許されないのか。保守論壇の大御所と朝鮮半島問題のスペシャリストが20世紀のニッポンをめぐる国際関係史を読み解き、われわれにとって本当に必要な歴史認識とは何かを示す。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%81%AF%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%88%A6%E3%81%AB%E8%B2%A0%E3%81%91%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E4%B8%AD%E8%A5%BF-%E8%BC%9D%E6%94%BF/dp/4534053746

411fwrpn4l__sx328_bo1204203200_

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »