2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月27日 (火)

団塊の後 三度目の日本(堺屋太一著)

内容紹介

ベストセラー「団塊の世代」の堺屋太一氏が、団塊がリタイアした後の日本の姿を描く予測小説。

物語は、東京五輪の5年後の2026年1月から始まる。2020年の東京オリンピックを待たずして、日本経済は深い停滞期に入る。この状態に2025年に首相に就任した若き首相の徳永好伸は、「経済成長を気負わず、数値を気にせず、外国と競わず」の「身の丈の国・日本」を掲げる。

一方、それに大反対する大阪を基盤とする国政政党を率いる大阪都知事の杉下晋三久は、日本は断固「世界の主要なプレーヤー」にとどまるべきと主張し、「日本の倫理と仕組みと仕方の全面改革」を提唱し、「三度目の日本」を作ることを目指す。これが、この小説のタイトルでもある「三度目の日本」である。
「一度目の日本」は、明治維新から第二次世界大戦敗戦(1868~1945年)までの「強い日本」を目指した時代。「強い日本」は富国強兵・殖産興業などを求めた。それは第一次世界大戦で戦勝国となった1918年頃が頂点で、その後は下り坂、第二次世界大戦敗戦をもって終わる。


「二度目の日本」は戦後日本、効率と安全と平等を倫理として豊かさを追求した日本。アメリカの豊かな物量に憧れ、絶対的な平和主義を受け入れ、理想化した民主主義を創ろうとした。だが、それも1989年の冷戦構造の崩壊とバブル経済の挫折で壊れ、細川連立政権や阪神大震災で豊かさを求めた時代は終わる。その後、日本経済では「失われた30年」が続き、08年のリーマン・ショックや11年の東日本大震災で「豊かな日本」を追い求めた「戦後日本」は終焉する。


そして、2026~27年には、旧体制の倒壊と新体制の誕生、倒れる者の悲鳴と苦悶、生まれ出るものの未熟と喧騒――そのようなものが渦巻くことになる。27年に日本は「どん底」から這い上がるためにも「三度目の日本」を興すタイミングなのだが……。    

内容(「BOOK」データベースより)

2020年東京五輪の後こそ深刻!―「天国・日本」の重大危機に若き徳永総理が挑む“三度目の日本”とは!圧巻のストーリーを精緻な筆致で綴る問題作!

https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E5%BE%8C-%E4%B8%89%E5%BA%A6%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E5%A0%BA%E5%B1%8B-%E5%A4%AA%E4%B8%80/dp/4620108251

51zaki4ttll__sx336_bo1204203200_

2017年6月25日 (日)

今年27回目のラウンド(よみうりGC)タラバカップ

 行ってきました、タラバカップ 

 豪雨の中、荒修行状態もなんとかこらえました。

 30人中第7位でした。 

*よみうりGC:out46(15)+in49(18)=95(33)-HC17=78

http://www.yomiurigolf.com/login/index

Dsc_0951w1024

Dsc_0952w1024

 

2017年6月24日 (土)

今年26回目のラウンド(藤岡GC東)

 やっと今年のベストスコア

 しかし、いまいちなんだよね・・・

*藤岡GC東:out47(15)+in43(18)=90(33)-HC17=73

https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

Dsc_0943w1024

Dsc_0944w1024

2017年6月18日 (日)

今年25回目のラウンド(藤岡GC西)

 行ってきました、西コース

 このコースは、まっすぐ打てないとだめです。

 すこしでも曲がるとスコアになりません。

 この日は、パッティングがまったくだめ。

 ショットがまずまずでしたので悔やまれます。

*藤岡GC西:out49(19)+in49(21)=98(40)-HC17=81

https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

Dsc_0923w1024

Dsc_0924w1024

2017年6月14日 (水)

大直言(青山繁晴×百田尚樹共著)

内容紹介

稀代の論客ふたりが、激突!
日本国憲法はこのままでいいのか。外交に勝つために必要なのは。
政治家に求められる覚悟とは。第三次世界大戦にどう備えるか。
結論ありきの報道との向き合い方。領土をいかにして守るべきか。
そして、日本人が持つべき、真の矜持とは――。
現代日本が抱える様々な問題の本質をえぐり、我が国の「これから」を明確に示す、刺激的対論。

大直言*目次
はじめに  百田尚樹

第1章 憲法を議論する
憲法改正なくして独立なし/拉致被害者の立場で考えよう/憲法のとんでもない成り立ちを知るべき
憲法を変えるのは「ぼくらの問題」/国民を分断しない議論を/「改憲の是非」はもはや論点ですらない
加憲はごまかしにすぎない/「改憲癖」をどうつけるか/平和は「諸国民」に任せられない
自衛隊員に「違法行為」を強いるな/素直な気持ちで九条を読んでみよう/問題は九条だけではない

第2章 外交を議論する
自民党総裁任期は延長する意味/短期政権ではなめられる/外務省は民間の知恵を導入せよ
特権に溺れる外交官を許すな/外務省は中韓の嘘に堂々と反論せよ/ダーティー・マネーに免疫を持て
官僚が敗戦を招いた/正解の無い問題に対応する能力を

第3章 平和を議論する
すでに「第三次世界大戦」と覚悟すべきだ/「平和の使徒」が戦争を起こす/「平和を愛する」で思考停止するな
GHQの洗脳を脱すべし/アメリカを苦しめる「正義の戦争」

第4章 戦争を議論する
原爆投下をどう見るかがリトマス試験紙/戦争記念館がない悲劇/世界の意見と中韓の意見は別物
ハル・ノートは無視すればよかった/真珠湾攻撃は卑怯ではない/真珠湾見学のすすめ
「海軍は賢くて陸軍は愚か」は勘違い/現代につながる「海軍エリート」の弱点/特攻は無駄死にではない
日本兵の勇敢さを周知せよ/東京裁判は間抜けである/東京大空襲は東京大虐殺である

第5章 メディアを議論する
安易に「ヒトラー」を使うな/メディアの偏向よりも「浅さ」が問題/テレビの影響力は侮れない
メディアの「揚げ足取り体質」が国を滅ぼす/結論ありきでは「報道」ではない/変革を望まない「リベラル」の浅さ

第6章 政治家を議論する
政治家は覚悟を持て/国会議員に資格試験を導入せよ/二重国籍の政治家は論外だ
政治家は一度は民間で働け/地方議員は無給にせよ
シルバー民主主義に対抗せよ/医療費が国を滅ぼすリスクになっている

第7章 領土を議論する
北方領土交渉はポーツマス条約を起点とせよ/竹島の島民の声を聞け/領土防衛は国家の根幹である
中国の「先を見る力」に学べ/尖閣諸島問題は外務省任せでは進まない/日本企業は中国に見切りをつけよ
中国の変化を直視せよ/グローバリゼーションが国家意識を強める/移民受け入れは断固拒否すべきだ

第8章 人生を議論する
本が人生を支えてくれた/若いうちに体の基本をつくれ/日本人の矜持を持とう

"おわりに"を認める幸せについて  青山繁晴

出版社からのコメント

祖国を愛する気持ち、それは右翼や左翼といった話ではなく、人間の根っこである──生まれも育ちも経歴も全く違う論客ふたりに共通するのは、その熱い気持ち。
混迷の2017年を乗り切る羅針盤!

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E7%9B%B4%E8%A8%80-%E9%9D%92%E5%B1%B1-%E7%B9%81%E6%99%B4/dp/4103364130

51oyj9wcc5l__sx339_bo1204203200_

2017年6月13日 (火)

祖父上、父上ご生誕日

 きょうは祖父、父上のご生誕日です。

 1905年と1933年

 春分の日以来の墓参でした。

 おかげさまで、みな、元気にやってます。

Dsc_0926w1024

2017年6月11日 (日)

今年24回目のラウンド(藤岡GC西)

 行ってきました、西コース

 大叩きが4つ。

 課題はドライバーショットですか・・・

*藤岡GC西:out47(14)+in48(18)=95(32)-HC17=78

https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=126

Dsc_0905w1024

Dsc_0906w1024

Dsc_0907w1024

2017年6月10日 (土)

キャロウェイ EPIC XR17°

 耐えきれずに、購入してしまいました。

 かなりいいです。

Jailbreak01

O1024068213838038163

Cal20xr20fw20sole

2017年6月 7日 (水)

ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス(相川圭子著)

内容紹介

 

心のとらわれを外し、悩みを手放す。そして、本当の自分に出会うーー。ヒマラヤ大聖者による「瞑想的生き方」指南、決定版!
この本を手にしたあなたは、気づき始めていることでしょう。外側の世界を探求し、他人と競い合い、物事に執着する人生の虚しさに。人が、奥深くからの安らぎを手に入れ、幸せに満たされて生きるために必要なこと。その答えは、外側の世界ではなく、あなたの内側にあります。「はじめに」より
世界に二人しかいない「ヒマラヤ大聖者」が伝授する、執着を手放し、本当の自分に出会い、マインドフルネスに健康に生きるための瞑想的心得。
【目次抜粋】
人はごみを溜めながら生きている/比較をすることで悩みが生まれる/人は知識の鎧で身を守っている/出来事や感情はシンクロする/成果は誰にも属していない/集中力のある人ほど「何もしない」ができない/お金は「手に入れる」のではなく「入ってくる」もの/ヒマラヤ瞑想で病気をはねのける/病の本当の原因に気づくことが大切/瞑想をすると病気が治りやすくなる/心の病気につながる回路を絶つ/眠っている脳の力を開花させる/瞑想すると疲れが取れる/呼吸は生と死を繰り返す行為/姿勢はエネルギーを受け取るアンテナのようなもの    

 

内容(「BOOK」データベースより)

 

毎日を幸福な気持ちで満たされて生きるために。悩みを手放し、健康体質になる普通の人のための瞑想入門。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%A4%E5%A4%A7%E8%81%96%E8%80%85%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%A8%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%BF-%E7%9B%B8%E5%B7%9D%E5%9C%AD%E5%AD%90/dp/4344030818

413zcdh7zl__sx330_bo1204203200_

2017年6月 5日 (月)

今年23回目のラウンド(紫CCすみれコース)

 2年ぶりに行ってきました。

 元クラブチャンピオンであったWさん、すぐトップするY君と

 なかなか難しいコースですが、すばらしいコースです。

 2020年に日本オープンゴルフ選手権が開催されます。

*紫CCすみれ:in48(13)+out51(17)=99(30)-HC17=82

  http://www.murasaki-cc.co.jp/sumire/

Dsc_0869w1024

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »