2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年35回目のラウンド(藤岡GC西)夏合宿2/2 | トップページ | ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの(日経ビジネス編集) »

2017年8月21日 (月)

ゴルフはインパクトの前後30センチ!(大塚友広著)

内容紹介

腕や上半身、下半身の動きは使うものの、ボールを飛ばすのはあくまでクラブの仕事。
どんなに豪快なスイングでも、クラブフェースの先端やネックに当たれば飛距離が落ちるどころか、 曲がったボールが飛び出す。クラブフェースをどうボールにぶつけるのか、それでほぼすべてのショットは解決される。

しかし、意識すべきインパクト間の距離が長ければ長いほど、実践するのは難しくなる。
試行錯誤を重ね、たどり着いたのが《インパクトの前後30センチ》、つまりはボールの中心から手前15センチと インパクト後の15センチ、ここを中心にして自分の身体に合ったスイングを構築すること、すなわち「スイングの最適化」を図ることが、ゴルフ上達の最短距離であるということは間違いない。

そのスイングを使えば、自分なりにゴルフをアレンジできて、楽しく、最速でスコアを伸ばせるのだ!
それを自ら証明してみせた本書の著者は、普通のビジネスマンなのに1年で「70台」を達成したツワモノ。

自身が編み出した独自の理論と、1年で70台達成を実現させた練習方法や取り組みを紹介。

「忙しい」「練習できない」なんて言い訳はもう通用しない!

スイングが安定しない、なかなかスコアが伸びないと、もはやゴルフを諦めかけている
ゴルファーたちに最短距離で上達できる道を示し、ゴルフへ向かう気持ちを再燃させる一冊!    

出版社からのコメント

「インパクトの前後30センチ」を整えるだけで、いつもどおりにスイングしているのに、なぜだか飛んで曲がらない!

https://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%AF%E5%89%8D%E5%BE%8C%EF%BC%93%EF%BC%90%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81&tag=googhydr-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=197072273730&hvpos=1t1&hvnetw=g&hvrand=10784230062129401656&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=b&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009286&hvtargid=kwd-337641433833&ref=pd_sl_6ilks9a3pz_b

51pvtnurc3l__sx339_bo1204203200_

« 今年35回目のラウンド(藤岡GC西)夏合宿2/2 | トップページ | ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの(日経ビジネス編集) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Golf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフはインパクトの前後30センチ!(大塚友広著):

« 今年35回目のラウンド(藤岡GC西)夏合宿2/2 | トップページ | ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの(日経ビジネス編集) »