2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年31回目のラウンド(那須黒羽GC)第8回Y杯 | トップページ | 今年32回目のラウンド(藤岡GC東) »

2017年8月 2日 (水)

税金恐怖政治が資産家層を追い詰める(副島隆彦著)

内容紹介

それでも“逃がせ隠せ"の20カ条

税金恐怖政治の始まりである。tax terrorism という言葉は欧米世界にある。日本では国税庁がついにいわゆる富裕層への課税強化宣言を2016年11月に行なった。併せて、中小企業のオーナー経営者で、給与(だけ)を受け取っている者たちへの税務調査をわざと行なうようになった。そして“おみやげ"(修正申告)を徴収しないで、ニヤリと笑って税務調査を終わらせる。「国は、あなたの相続税時の資産をしっかり把握した。もう逃げられないよ」という脅しの調査である。「(いわゆる)富裕層」に対する“萎縮効果"を狙ったものだ。
ついに、こういうところにまで日本の資産家、小金持ちたちは追い詰められた。何が何でも「ひとり(最低)1億円ずつは相続税で取ってやる」という構えだ。これは税金テロリズムの始まりである――。

前作『税金官僚から逃がせ隠せ個人資産』を出して3年、強化された外国(避難)財産課税、相続税など、次々襲いかかる徴税テロから資産を守るにはどうすればいいのか。また、近年増加する泥棒に1600万円相当を泥棒された著者の、衝撃の体験も赤裸裸に告白。小手先のノウハウではない資産防衛術を真剣に考える。
欧米諸国と日本の税金(取り)官僚たちの動きの最新情報、知識も提供。日本国家にとって大切な資産家の立場に本当に親身に立った希有な書。

1章 ヒステリー状態の税金官僚たち
2章 税金官僚の動きを知る
3章 パナマ文書問題とは何だったのか
4章 マイナンバーと申告書類
5章 不動産をどうするか問題
6章 現金をどうするか
7章 どう逃がすか、と金の扱い
8章 私は1600万円を泥棒された
9章 海外で暮らす富裕層に話を聞いた
10章  税金官僚は企業を洗脳する
11章  世界は統制経済へ向かう    

内容(「BOOK」データベースより)

税金官僚の“徴税テロ”にどう対処するか。それでも税務署から逃がせ隠せの20箇条。

https://www.amazon.co.jp/%E7%A8%8E%E9%87%91%E6%81%90%E6%80%96%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%8C%E8%B3%87%E7%94%A3%E5%AE%B6%E5%B1%A4%E3%82%92%E8%BF%BD%E3%81%84%E8%A9%B0%E3%82%81%E3%82%8B-%E5%89%AF%E5%B3%B6-%E9%9A%86%E5%BD%A6/dp/4344030796

51fjwg6cthl__sx334_bo1204203200_

« 今年31回目のラウンド(那須黒羽GC)第8回Y杯 | トップページ | 今年32回目のラウンド(藤岡GC東) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税金恐怖政治が資産家層を追い詰める(副島隆彦著):

« 今年31回目のラウンド(那須黒羽GC)第8回Y杯 | トップページ | 今年32回目のラウンド(藤岡GC東) »