2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2018年10回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 野村のイチロー論(野村克也著) »

2018年4月14日 (土)

「反核」愚問: 日本人への遺言 最終章(日下公人著)

内容紹介

明治維新から150年。日本人にとって最大のタブーである「核」をめぐるお話。畏友渡部昇一氏と共にその考察の約束をしていた「核武装は日本の国益にとってプラスかマイナスか」。ところが惜しまれながら渡部氏は他界してしまった。そこで日下は渡部氏の論文と共に「反核」「容核」論者双方を俎上にのせて20年来の「核武装論」「反核論」を総括する。
米朝緊迫はチキンレースと心せよ
私は十年以上前から「日本核武装」を説いてきた
<第三章>“虚像の人"から“新しい人材"の時代へ
<第四章>21世紀を乗り切るには「アイデアの泉」と化せ
<第五章>気概を持って世界をリードする日本へ
<第六章>国際社会は「常在戦場」と心得よ
各章の最重要部分を列挙すれば
1.付け焼刃の核武装論を嗤う
2.アメリカで台頭する「日本核武装論」
3.孤立しても「核保有」を実現したインドの胆力に学べ
4.核抑止体制はフランスに学ぶべし!
5.空理空論が飛び交う日本のメディア
6.自分の頭で考えない日本の文化人たち
7.瀬戸内文化圏
8.「西日本国」と「東日本国」の分離・競争を勧奨する
9.キューバ危機に直面したケネディ大統領の胆力と決断
10.核弾頭は余っている。拾ってくればいい! ?
11.武器に使える悪魔的な“白い粉"
12.電磁パルス弾のような武器も開発せよ
13.戦争は武力戦だけに限らない…他多数。
つまるところ日本人にとって「核」は自身の人間にとって「核」をめぐる考察でしかないかもしれない。この本は形を変えた日本人論でもある。

著者について

1930年、兵庫県生まれ。三谷産業株式会社監査役。日本ラッド株式会社監査役。東京大学経済学部卒。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター理事長を経て東京財団会長を務める。ソフト化・サービス化の時代をいち早く予見し、日本経済の名ナビゲーターとして活躍。未来予測の正確なことには定評がある。『いよいよ、日本の時代がやってきた!』 『日本人への遺言』(渡部昇一氏共著)『日本人への遺言partII 「和の国のかたち」』(渡部昇一氏共著)他多数有り。

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%8F%8D%E6%A0%B8%E3%80%8D%E6%84%9A%E5%95%8F-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80-%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%AB%A0-%E6%97%A5%E4%B8%8B%E5%85%AC%E4%BA%BA/dp/4198645760

51emzktpxal__sx338_bo1204203200_

« 2018年10回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 野村のイチロー論(野村克也著) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「反核」愚問: 日本人への遺言 最終章(日下公人著):

« 2018年10回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 野村のイチロー論(野村克也著) »