2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2018年18回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済(上念司著) »

2018年5月28日 (月)

99%の会社はいらない(堀江貴文著)

内容紹介

もう「忙しい」を口癖にするのはやめよう。
「自分の時間」を生きるためには、会社に属さなければいい。

体調が悪くても会社に出ている、メールで済むことをわざわざ電話する、
毎週の会議がただただ常態化している、社内の派閥争いで足の引っ張り合いをする……
日本の会社にはいくつものムダがあると感じませんか?
その上、毎日残業、有給もなく、会社に言われるがまま仕事をして「忙しい」と感じる毎日。

そんな「苦しい忙しさ」を「楽しい忙しさ」に変えるためのヒントは、会社に縛られないこと。
「自分の時間」を生きることで幸せになる、ホリエモン的生き方・働き方とは?

【目次】
第1章 日本の会社はおかしいと思わないか?
第2章 仕事のない時代がやってくる
第3章 だから「遊び」を仕事にすればいい
第4章 会社ではない新しい組織のカタチ
第5章 会社に属しているあなたへ

内容(「BOOK」データベースより)

世の中には「忙しい、忙しい」と言っている人は意外と多い。だが僕も仕事をしている量で言えば、「忙しい」と口にしている人たちと同じか、それ以上だ。にもかかわらず、「そんなにたくさん仕事をしていない」と感じる。なぜなら僕は「自分の時間」で忙しい、だから楽しい忙しさなのだ。しかし世の中の人は「他人の時間」で忙しい。忙しくて不幸だと感じてしまう。その元凶の一つが、「会社」という仕組みだ。会社に属することは「他人の時間」に縛られることでしかない。本書は会社に代わる組織のカタチと、新しい働き方を記したものである。

https://www.amazon.co.jp/99-%E3%81%AE%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A0%80%E6%B1%9F-%E8%B2%B4%E6%96%87/dp/4584125252/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1527409943&sr=8-1&keywords=99+%E3%81%AE%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84

51lksndsal__sx305_bo1204203200_

« 2018年18回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済(上念司著) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 99%の会社はいらない(堀江貴文著):

« 2018年18回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済(上念司著) »