2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2018年26回目(通算700回目)のラウンド | トップページ | 事業承継がうまくいく 中小企業のM&Aマニュアル(渡部潔著) »

2018年8月 9日 (木)

アメリカ本土を爆撃した男 新書版(倉田耕一著)

  内容紹介 

世界でたった一人、米大陸空襲を敢行した藤田信雄海軍中尉の数奇なる運命!
アメリカ大統領は自国を空爆した藤田中尉になぜ感謝状とホワイトハウス内の星条旗を贈ったのか?
「貴殿の厚意とかつての勇敢なる行為を讃え……」
〈超大国の大統領がこれほど強い讃辞を個人、しかも帝国軍人に与えるなど聞いたことがない〉(米タイム誌記者S・チャング氏)

著者は生前の藤田氏と交流のあった元産経新聞記者の倉田耕一氏。遺族が保管していた藤田氏の日記27冊分を解読した。
本書は波乱に満ちた男の人生を見事に描ききったノンフィクションにして、日米戦争という悲劇を乗り越えた人々の友情の記録である。

〈目次〉
第一章 老兵の追憶
第二章 米本土ヲ空襲セヨ
第三章 昨日の敵は今日の友
解 説 米タイム誌、S・チャング記者    

 

  内容(「BOOK」データベースより) 

自国を空爆した敵に、なぜ大統領は星条旗を贈ったのか?

51c8jfdhh0l_sx322_bo1204203200_

« 2018年26回目(通算700回目)のラウンド | トップページ | 事業承継がうまくいく 中小企業のM&Aマニュアル(渡部潔著) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ本土を爆撃した男 新書版(倉田耕一著):

« 2018年26回目(通算700回目)のラウンド | トップページ | 事業承継がうまくいく 中小企業のM&Aマニュアル(渡部潔著) »