2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

本当は世界一の国日本に告ぐ大直言(ケント・ギルバート著)

内容紹介
この国の真実を、すべて明かします。

建前だらけの新聞・テレビ、
偽物の日本国憲法、
建前だけの官僚……

日本在住半世紀。
全てをかけて暴露します。

論客、ケント・ギルバートが、
言ってはいけないこの国の真実をすべて明かす、渾身の集大成!

 

内容構成
序章 日本人にウソを信じ込ませたイエロー・ジャーナリズムの正体
第1章 日本人にはわからない「メディア」の真実
第2章 日本人にはわからない「憲法」の真実
第3章 日本人にはわからない「官僚」の真実
内容(「BOOK」データベースより)
日本人に知らされないこの国の不都合な真実!日本にはびこる「メディア」「護憲派」「官僚」が生み出す巧妙な「フェイク構造」。この現状を考える上で教訓にすべきものが、一九世紀のアメリカで生まれた、事実を報道することよりも扇情的であることを優先させた「イエロー・ジャーナリズム」。現代日本は「イエロー・ジャーナリズム2・0」の時代なのか?日本を愛する論客が今、あえて日本人に伝えたい、この国のタブー!

51b6ctov0ll_sx322_bo1204203200_

 

2019年5月26日 (日)

2019年第22回目のラウンド(藤岡GC東)746

 防げたトリプリボギー

 何気ない集中力を欠いた1打が連鎖する。

*藤岡GC東:out43(14)+in49(17)=92(31)-HC16=76

 

Scorecard_20190519220256

Dsc_0180

 

2019年5月23日 (木)

未来の年表2-人口減少日本であなたに起きること-(河合雅司著)

内容紹介
本書は、『未来の年表』の続編である。ベストセラーの続編というのは大抵、前著の余勢を駆った「二匹目のどじょう狙い」である。しかし、本書は決して二番煎じをしようというものではない。「人口減少カレンダー」だけでは、少子高齢化という巨大なモンスターの全貌をとらえるには限界があった。だから今回は、全く違うアプローチで迫る。

 

内容(「BOOK」データベースより)
少子高齢社会のリアルな脅威は、何気ない日常にこそ潜んでいます。10年後、20年後、あなたの身に迫る事態を一覧にしました。今からあなたにできる「メニュー」8つも提案。

 

51rge0anl3l

2019年5月22日 (水)

思想劇画 属国日本史 幕末編(副島隆彦著)

内容紹介
幕末の英雄、維新の元勲たちの「ウソ」を
「帝国 - 属国」で斬る!!
情熱に燃えた下級武士たちの潔癖な愛国心で、
明治維新ができたと考えるのは間違いである。

維新途上で倒れていった志士たちの行動原理はなんだったのか?
生き残った明治の元勲たちはどうしてヒーローになりえたのか? 司馬遼太郎が描いた英雄たちは、本当は何者だったのか?
つくられた「ヒーロー伝説」の真実を追究した「思想劇画」シリーズの第1弾。
幕末ファン、司馬遼太郎ファンに大きな衝撃を与えた2004年刊行の問題作を、加筆修正して復刊。

 

内容(「BOOK」データベースより)
幕末の英雄、維新の元勲たちの「ウソ」を「帝国‐属国」論で斬る!!情熱に燃えた下級武士たちの潔癖な愛国心で、明治維新ができたと考えるのは間違いである。

 

51xdjdxy9l_sx353_bo1204203200_

 

 

2019年5月19日 (日)

2019年第21回目のラウンド(富岡GC):第45回N杯:745

第45回N杯に参加させていただきました。

毎年毎年、お客様を元気にするコンペ

皆さんの思いが伝わるコンペです。

ありがとうございました。

(69名中第50位)HC10.8

 

*富岡GC:in49(18)+out42(16)=91(34)-HC16=75

Scorecard_20190513150402

 

 

2019年5月18日 (土)

2019年第20回目のラウンド(藤岡GC東)744

1バンカー3回の愚

インパクトの緩み、最悪です。

*藤岡GC東:out43(15)+in50(18)=93(33)-HC16=77

 

Scorecard_20190513150303

 

 

 

2019年5月17日 (金)

ベンツ(BENZ)

メルセデス・ベンツ
210W E320
Img_20190517_081140

211W E250

Img_20190516_153725

 

 

 

 

2019年5月15日 (水)

銀行王 安田善次郎: 陰徳を積む(北康利著)

内容紹介
日本を代表するメガバンク・みずほフィナンシャルグループ。この巨大企業の礎を築いた安田善次郎は、渋沢栄一らと共に国立銀行の設立に尽力し「元祖銀行王」と称されている。富山の貧しい下級武士の生まれながら、たった一代で巨万の富を掌中にした安田が如何なる時も肝に銘じた「陰徳」とは――。混迷の時代に生きるビジネスマン必読。『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』改題。

 

内容(「BOOK」データベースより)
日本を代表するメガバンク・みずほフィナンシャルグループ。この巨大企業の礎を築いた安田善次郎は、渋沢栄一らと共に国立銀行の設立に尽力し「元祖銀行王」と称されている。富山の貧しい下級武士の生まれながら、たった一代で巨万の富を掌中にした安田が如何なる時も肝に銘じた「陰徳」とは―。混迷の時代に生きるビジネスマン必読。

 

51qszjveh5l_sx349_bo1204203200_

2019年5月12日 (日)

2019年第19回目のラウンド(藤岡GC東)743

GW最終日、前半苦戦するも後半多少の盛り返し

しかし、アプローチ、パッティングの精度があがらず

 

*藤岡GC東:out48(17)+in44(17)=92(34)HC16=76

 

Scorecard_20190504181902

 

 

2019年5月11日 (土)

2019年第18回目のラウンド(藤岡GC西)742

GW初戦は、トリ×4で予選落ちとなりました。
 
反省材料が多いラウンドとなりました。

 

*藤岡GC西:out52(18)+in48(19)=100(37)-HC16=84

 

Scorecard_20190504181754

 

2019年5月 9日 (木)

叛骨の宰相 岸信介(北康利著)

内容紹介
国民生活を安定させ、経済政策が最もうまくいっていた岸時代。先見性と実行力で国民を幸せにすることこそ宰相の条件である。人気評伝作家による白洲次郎、吉田茂に続く、昭和史を築いた政治家の傑作評伝。

 

出版社からのコメント
安保闘争のイメージばかりが先行するが、じつは岸の時代には外交も国民生活もとても充実していた。政治家の役割をあらためて考えさせられる1冊。

 

512dkchral

2019年5月 8日 (水)

小林一三 時代の十歩先が見えた男(北康利著)

内容紹介
阪急(鉄道と百貨店)、宝塚歌劇団、東宝映画……。次々と新しい事業を生み出し成功させ、白洲次郎をして「こんなに頭のいい人は見たことがない」と言わしめた大正・昭和の傑物・小林一三。「無から有を生み出すのは家の芸だ」が口癖だった一三も、実は元は落ちこぼれサラリーマンだった。
時に冷徹な面を見せる一方で地縁や学校のつながりを大事にし、自分の持っている感受性や文才を生かして、趣味であった芝居好きまで仕事につなげた。性格的な欠点をいくつも持ち、数々の失敗を繰り返しながらも、人生の途中で出会ったものをことごとく自分の血肉として“先を読む力"を養っていった。そうして多くの花を咲かせ続けた一三は、現代の経営者のみならず一介のサラリーマンにとっても参考となり目標となる企業家といえよう。
東日本大震災からの真の復興に向かって進み続ける日本に希望を与えてくれる人物伝を、宝塚歌劇団創立100周年の節目の年に贈る。

 

内容(「BOOK」データベースより)
宝塚歌劇団をつくり上げた男の人生を通じて知る、夢を現実にできる、人間の無限の可能性。無から有を生み出した稀代の事業家の生涯。

 

414ssz8sf2l_sx300_bo1204203200_

2019年5月 7日 (火)

レジェンド 伝説の男 白洲次郎(北康利著)

内容(「BOOK」データベースより)
今の日本人に最も足りないのは、次郎のような圧倒的な「人間力」である。終戦後、吉田茂の側近として力を発揮し陰から日本を支えた次郎の真価と魅力を丹念な取材を通して鮮明に描き出す。白洲次郎評伝の決定版がついに文庫化。貴重な写真資料を多数収録。

 

著者について
今の日本人に足りないのは次郎のような「人間力」である――終戦後、吉田茂の側近として力を発揮し、陰から日本を支えた白洲次郎は、その容姿やライフスタイルから「カッコイイ」男として人を惹きつけてやまない。山本七平賞受賞の同著者による『白洲次郎 占領を背負った男』を通し多くの日本人の憧れとして記憶された次郎の姿が、丹念な取材により鮮明に浮かび上がる。待望の文庫化。「文庫版まえがき」を加筆。 〈目次〉 負けず嫌いな少年/銀の匙をくわえて生まれてきた「生粋の野蛮人」/サッカーに燃えた青春/ケンブリッジで学んだジェントルマンシップ/生涯の伴侶 樺山正子/ビジネスマン白洲次郎/政治の野次馬――近衛、吉田との出会い/日本は必ず負ける/奴隷になったわけではない――白洲次郎の戦いはここから始まった/ヒソカニ涙ス――屈辱的な日本国憲法制定/ケーディスとの最終決着/そこにまだ「日本人」がいる――通商産業省創設/経済復興への礎――外資を投入せよ/独立と敗北――サンフランシスコ講和条約/カントリー・ジェントルマン/世にも珍しい夫婦/人の縁と人間力/愛情と優しさと/白洲の桜/格好いいってこういうことさ/相撲も千秋楽、パパも千秋楽

 

51qpyi3rggl_sx353_bo1204203200_

2019年5月 5日 (日)

2019年第17回目のラウンド(藤岡GC東)741

行ってきましたゴルフ修行。

ダボ4、トリ1の締まりのないラウンド

まだまだですね。

*藤岡GC東:out49(17)+in45(15)=94(32)-HC16=78

 

Scorecard_20190430192436

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »