2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

2020年第9回目のラウンド(京葉CC)785

2003年12月25日以来のラウンド

トリプルボギー3つ

ついに今年初の100たたき

厳しいラウンド続く

*京葉CC:in47(16)+out53(19)=100(36)-HC16=84

Scorecard_20200223115307

2020年2月27日 (木)

[決定版]属国 日本論 2つの帝国の狭間で(副島隆彦著)

内容紹介
本書は、評論家・副島隆彦自身が「主著」とする1冊に、最新の情報・考察を大補強した、まさに「決定版」である。ここで「大補強」というに恥じない改訂が行われているので、過去の版を既読の方も、読み直しをあえてお勧めする。改めて、本書は、「日本はアメリカの属国である!」と保守派言論人が最も嫌がる事実を初めて提起し、当時の論壇から忌み嫌われた伝説の書である。「なぜアメリカの言いなりになっているのか」が、一読、明白になる。著者は決して、日本を貶めるために本書を書いたのではない。事実に目をそむけず、今からでも足元確かに生きてゆく国となることが、著者の本懐である。そのために、いかなる対策がありうるか、国が着実に生きてゆくとはいかなることか、を事実に冷酷なまでに徹しながら論証する。世界がナショナリズムに揺れ始めた今、改めて読んでおきたい名著の最新版である。

 

内容(「BOOK」データベースより)
日本はアメリカの属国である!1997年の初版以来、著者が一貫して主張し、論戦を展開してきた「属国日本論」。自らの「主著」に大幅加筆した、渾身の一冊!

41lnce20eil

2020年2月25日 (火)

隠された十字架 江戸の数学者たち 関孝和はキリシタン宣教師に育てられた(六城雅敦著、副島隆彦監修)

内容紹介
鎖国下の江戸時代に、和算家と呼ばれる日本独自の天才数学者たちが出現しました。彼らは漢数字による算術だけで、微分積分(解析学)の初期レベルまで到達しています。彼らは一体、どのようにして高度な西洋数学の内容を習得できたのでしょうか? 本書は、関孝和や建部賢弘ら日本の和算家と呼ばれる人々が、キリスト教宣教師から当時世界最高の天文学と数学を習得した経緯や和算家の系譜を、様々な資料をもとに解き明かす歴史読み物です。

 

内容(「BOOK」データベースより)
鎖国下の日本において、西洋近代学問がもたらされるルートは貿易商人、宣教師(伝道師)、軍人将校に限られていた。そこから学んだ者たちは一生涯、その関わりを隠し続けた。墓に刻むことさえも許されなかった―。


51cmbup2al_sy346_

 

 

 

2020年2月23日 (日)

2020年第8回目のラウンド(藤岡GC東)784

行ってきましたホームコース

今回もフロント9、バック9とも最終2ホールに我慢しきれず

我慢我慢

*藤岡GC東:out44(15)+in46(13)=90(28)-HC16=74

Scorecard_20200216223847

 

 

2020年2月18日 (火)

文在寅という災厄(武藤正敏著)

内容紹介
なぜこうも文在寅政権は理不尽、無責任なのか。
その理由はこの本を読むと分かる。

前著『韓国人に生まれなくてよかった』で文在寅政権の「従北」「反日」姿勢の強化と経済無策の可能性を鋭く予言した著者が、政権誕生から2年を経て、さらに深まった韓国の悲惨な現状と、最悪化した日韓関係の行く末を展望する。
文在寅氏は日韓が苦労してまとめた慰安婦合意を一方的に破棄し、徴用工裁判で日本企業への賠償判決を誘導し、これまでの日韓関係を根底から覆した。かたや北朝鮮にすり寄り、米中間をさまよう支離滅裂な外交姿勢で米朝からも孤立し、東アジアの安全保障にも大きな影を落としている。
しかし常識を逸脱する文在寅政権の無策、暴挙はとどまるところを知らない。「未来志向」を謳いながら、歴史問題を持ち出しては反日姿勢を最大化するこの革命家が権力の座にある限り、両国関係の修復は望むべくもない。果たして、著者が2年前に予想した通り、経済失政による韓国国内の疲弊も限界に近づきつつある。しかし、外交・内政でいかに失策が続いても、行政、司法、メディアを牛耳る独裁者の「恐怖政治」によって、「普通の韓国人」はその実態に気づくこともない。ただ、「幸いにも、海外メディアに触れやすいネット世代の若者たちは、うすうすその悪政を見抜き始めている」と著者は指摘する。
日韓両国民を不幸にする最悪の大統領をいかに追いつめ、退場させればいいのか。日本人はその動向から目を離さず、断固とした姿勢で立ち向かうべきだ。
40年に及ぶ外交官経験に裏打ちされた著者の洞察が光る「韓国分析」の決定版であり、日韓両国民に贈る魂のメッセージだ。

 

出版社からのコメント
著者の武藤正敏元大使は語る。
「前著で『北朝鮮しか頭にない文大統領で日韓関係は悪化する』と予言したが、私の予想を越えて悪化どころか、最悪にした。これまで日韓間で努力して積み上げて来た合意を一方的に覆し、ほとんどの日本人を韓国に対してネガティブにしてしまった。それなのに文政権は『日韓関係は最悪ではない、未来志向で行く』とうそぶく。何と無責任なことか! この無責任さこそが、日韓関係が良くなる事を願って外交官生活を送って来た私が文在寅政権を許せない所以である」

51qdotqi4l_sx345_bo1204203200_

 

 

2020年2月16日 (日)

2020年第7回目のラウンド(藤岡GC東)783

厳しい状況は続いていますね。

がまんがまん

*藤岡GC東:out48(14)+in49(16)=97(30)

Scorecard_20200210171501

2020年2月 9日 (日)

2020年第6回目のラウンド(藤岡GC東)782

がまんのゴルフが続きます。

がまんがまん

*藤岡GC東=in47(14)+out47(16)=94(30)-HC16=78

Scorecard_20200202215601

 

2020年2月 2日 (日)

2020年第5回目のラウンド(TJK成田ビューゴルフコース)781

行ってきました16年ぶりのコース

だいぶ整備されてゴルフ場らしくなってましたね。

ダボ4、トリ2

*TJK成田GC:out30(9)+in32(13)+out32(13)=94(35)-HC16=78

Scorecard_20200126220733

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »