2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月31日 (土)

2021年第29回目のラウンド(藤岡GC西)862

西コースの罠に・・・

*藤岡GC西:out47(17)+in51(17)=98(34)-HC16=82(+10)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
1番ミドル:1打目1W右1ペナ
6番ロング:4打目54°アプローチオーバー
10番ロング:1打目1W右1ペナ
12番ミドル:1打目1W左OB、4打目50°オーバー
16番ミドル:1打目1W左OB
17番ロング:2打目4W左OB
18番ミドル:1打目1W右1ペナ

Scorecard_20210723203013

2021年7月29日 (木)

新型コロナワクチン

1回目、7月8日

2回目、7月29日

無事に2回の接種を完了しました。

 

 

2021年7月25日 (日)

2021年第28回目のラウンド(秩父国際CC)861

一人予約で行ってきました。
秩父も暑いですね。

*秩父国際CC:out49(18)+in43(15)=92(33)-HC16=76(+4)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
4番ショート:1打目U4左、2打目54°アプローチオーバー
6番ミドル:1打目1W左、3打目54°アプローチショート
7番ショート:1打目P左、2打目54°アプローチオーバー
9番ミドル:2打目7Iダフりショート、3打目54°アプローチオーバー
10番ショート:1打目9I左、2打目54°アプローチショート

Scorecard_20210721214406

2021年7月24日 (土)

メルセデスベンツ、戻ってきました。

追突被害をうけたベンちゃん、
1ヶ月振りに戻ってきました。

Dsc_1717

Dsc_1718

 

2021年第27回目のラウンド(藤岡GC東)860

梅雨明けの猛暑の中、行ってきました。
ダブルボギーが7つ・・・

*藤岡GC東:out44(15)+in46(17)=90(32)-HC16=74(+2)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
3番ショート:2打目54°アプローチオーバー
7番ショート:2打目Pアプローチオーバー
9番ロング:1打目1W左、4打目54°アプローチオーバー
10番ミドル:1打目1W左、3パット
15番ロング:2打目4Wショート、4打目58°アプローチショート、3パット
17番ミドル:1打目1W左ショート、2打目U4左
18番ロング:2打目4Wショート、3打目U3右、4打目Pショート

Scorecard_20210718184745

2021年7月21日 (水)

赤い日本(櫻井よしこ著)

これが中国の代弁者だ

親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。
論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

【緊急出版】
尖閣、台湾、武漢肺炎

このままでは日本は「韓国」になる
「米中」ではない、日本の問題だ

言論テレビ人気シリーズ第6弾!

【主な目次】
はじめに——国家ではない日本 櫻井よしこ
第1章 メディアの中国汚染
花田紀凱×石橋文登×田北真樹子×櫻井よしこ
第2章 「九条二項」の呪縛
佐藤正久×織田邦男×矢板明夫×櫻井よしこ
第3章 「独裁中国」から逃げている
楊海英×矢板明夫×櫻井よしこ
第4章 敵基地攻撃と学術会議
小野寺五典×高橋杉雄×櫻井よしこ
第5章 有事に動けない国
佐藤正久×松本尚×櫻井よしこ
第6章 天安門事件の教訓
田久保忠衛×櫻井よしこ

51pey8kn8ql_sx322_bo1204203200_

2021年7月18日 (日)

2021年第26回目のラウンド(藤岡GC東)859

1ヶ月ぶりのラウンド
体力不足が後半に・・・

*藤岡GC東:out43(14)+in49(18)=92(32)-HC16=76(+4)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
9番ロング:2打目U3右OB
11番ショート:3パット
13番ミドル:1打目1W左、2,3打目U3木
15番ロング:1打目1W左、3打目U3左、3パット
16番ミドル:1打目1W左、3打目54°アプローチトップオーバー

Scorecard_20210711011709

2021年7月 9日 (金)

代車の代車

Dsc_1648

2021年7月 4日 (日)

裏切りと陰謀の中国共産党建党100年秘史 習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐(遠藤誉著)

全世界がすっかり騙された「鄧小平神話」を切り崩す!
ついに爆発した習近平の国家戦略と野望の全解剖
幼少に長春で中国共産党軍による凄惨な食糧封鎖(長春を包囲する包囲網を「卡子(チャーズ)」という)を体験し、生涯を賭けて中国共産党と闘い続けてきた著者だから書ける中国の正体!

中国共産党が統治する国家が、どれだけ血みどろの陰謀と、多くの人民の命の犠牲の上で成り立っている国であるかは本書で十分にご理解いただけたものと思う。「現代中国の父」と崇められてきた鄧小平の欺瞞と陰謀を見ただけでも、中国がいかに世界を騙しているかが浮かび上がってくるだろう。
習仲勲のような人物がトップに立つことはできないのが中国であり、その習仲勲のために「復讐」の思いで国家戦略を進めている習近平は、絶対に譲らない。だからこそ、国家主席の任期制限を撤廃するために憲法を改正することさえしている。
習近平が李克強と権力争いをしているなどという「甘い幻想」は抱かない方がいい。そんなちっぽけなことで習近平は動いていない。彼が睨んでいるのは「世界」だ。「人類運命共同体」という外交スローガンを軽んじない方がいい。100年前のコミンテルンのヤドカリ作戦のように世界各国に潜り込んで成長し、やがては中国共産党が支配する世界を創ろうとしているのだ。
習近平はウィズ・コロナの世界で、社会主義体制の優位性まで強調して人類の上に立とうとしている。私たちは言論弾圧をする世界の中に組み込まれていっていいのか?
一党支配体制の維持を国家の最優先目標に置き、そのために情報隠蔽をする中国により、いま世界は未曽有のコロナ禍に苦しんでいる。犠牲者の数は世界大戦以上だ。
人間は何のために生きているのか?
日本の覚悟を問いたい。(本文より)

【習仲勳16年間の冤罪投獄、犯人は鄧小平だった】
第一章 西北革命根拠地の習仲勲と毛沢東
第二章 五馬進京と高崗失脚──鄧小平の権勢欲と陰謀
第三章 小説『劉志丹』と習仲勲の失脚──陥れたのは鄧小平
第四章 文革後の中央における激しい権力闘争──華国鋒を失脚させた鄧小平の陰謀
第五章 習仲勲と広東省「経済特区」
第六章 再びの中南海と習仲勲最後の失脚──香港問題と天安門事件
第七章 習近平、鄧小平への「復讐の形」

51tng3qpvl_sx333_bo1204203200_

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »