2021年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

2021年第43回目のラウンド(藤岡GC東)876

バック9がショボすぎる

*藤岡GC東:out44(13)+in51(15)=95(28)-HC16=79(+7)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
2番ミドル:1打目1Wチョロ
5番ミドル:1打目1W左、3打目9Iオーバー
10番ミドル:3打目54°アプローチオーバー
11番ショート:2打目Pアプローチオーバー、3打目54°アプローチショート
12番ミドル:1打目1Wショート、2打目U3ショート
13番ミドル:2打目4Wチョロ
14番ショート:3パット
16番ミドル:1打目1W右バンカー、3打目Pアプローチショート
18番ロング:4打目7I右OB

Scorecard_20211023214722

2021年10月29日 (金)

目の前に迫り来る大暴落(副島隆彦著)

株、債券の暴落が同時に起きる!
信用できるのは金(ゴールド)だけだ。

新型コロナ対策と称して、全世界で1445兆円ものお金がばらまかれた。リーマン・ショックの時にアメリカの中央銀行であるFRBは巨額の金融緩和で乗り切った。世界支配者たちは、今回もジャブジャブ・マネーで解決できると考えているようだ。政府はいくらでもお金を刷れるという政策を世界中に号令して押し付けた。根拠のないお金が世界中に流通するようになれば、世界経済はどのような反作用を受けるのか。その代償がただで済むはずはない。金(ゴールド)の価格は上昇し、最高値をうかがう動きだ。なによりアメリカ、EU各国の金利が上がり始め、インフレ懸念が金融市場を脅かしている。これらの兆候は、まさしくハイパー・インフレの到来を告げている。金利が暴騰すれば、債券と株式の暴落が同時に起きるだろう。そしてそのあとドルの暴落が続けて起きる。近未来に襲い掛かる世界経済の危機の本質を詳細に分析する金融予言の書。

【本書の主な内容】 ◎世界権力者たちはお札の大増発で金融危機を乗り切るつもり
◎テスラの株価とビットコインの価格は同じ形をしている
◎世界大企業番付に今の経済の異常さが表れている
◎金は1万円を超える!
◎コロナ給付金でデフレ不況を脱出するという政策の愚かさ
◎2024年にハイパーインフレが襲い来る
◎貨幣の秘密を暴いていたケインズとハイエク
◎アルケゴス・ショックは金融大崩壊の前兆

51gxlh5vdrs_sx336_bo1204203200_

2021年10月26日 (火)

決定版:大東亜戦争(波多野澄雄 , 赤木完爾, 川島真, 戸部良一, 松元崇, 庄司潤一郎, 兼原信克共著)

上巻
「あの戦争」は正しく「大東亜戦争」と呼ぶべきである――。当代最高の歴史家たちによる決定版。
満州事変から始まり敗戦で終わる足掛け15年の戦争は、従来、「先の大戦」「あの戦争」などと曖昧な呼称で論じられてきた。しかし、本書のために集結した歴史家たちは今回、敢えて「大東亜戦争」の表現を選んでいる。イデオロギーを抜きにすれば、この呼称こそが「あの戦争」の全貌を最も的確に伝えるからだ。二分冊の上巻では、開戦後の戦略、米英ソ中など「敵国」の動向、戦時下の国民生活の内実などに迫る。

51e254lol2s_sx310_bo1204203200__20211025152801

 

下巻
なぜ終戦の決断は遅れたのか。当代最高の歴史家による「あの戦争」の研究。
日増しに敗色が濃くなる中での戦争指導。軍事的な敗北が明白なのに、なぜ終戦の決断は遅れたのか。日本に対峙するアメリカや中国、そして終戦間際に日本を攻めたソ連の戦略は? 下巻では、日本の敗戦で戦争が終結するまでの各アクターたちの動向、戦後の講和体制の形成過程、平成における天皇皇后両陛下による「慰霊の旅」の意味、国家を破綻へと導いた戦争から引き出せる「歴史の教訓」までを詳述。

51yvqmien9s_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

2021年10月24日 (日)

中国共産党 暗黒の百年史(石平著)

・中国共産党史の暗部を描き尽くした衝撃作!

・2021年7月1日の結党百周年にあわせ、1年かけて書きおろした渾身作。中国共産党による数々の大虐殺と民族浄化、驚異の裏工作と周恩来の恐ろしい正体など、日本ではよく知られていない衝撃事実を多数掘り起こして読みやすくまとめた、中国共産党史の決定版!

「本書の構成は、一般の歴史教科書のように、歴史的出来事を時系列で羅列(られつ)したものではない。むしろ、今まで日本で刊行された「中国近代史・現代史」関連の書籍で、意図的に隠蔽(いんぺい)され、無視されてきた事実を一つ一つ拾いあげ、それを「中共の暗黒百年史」として再構成したものである」(本書「はじめに」より)

<目次より>
一章 浸透・乗っ取り・裏切りの中共裏工作史
二章 繰り返される血まみれの大量虐殺史
三章 侵略と虐殺と浄化の少数民族弾圧史
四章 紅軍内大虐殺、陰謀と殺し合いの内ゲバ史
五章 周恩来、美化された「悪魔の化身」の正体
六章 女性と人民を食い物にした党幹部の貪欲・淫乱史
七章 日本人をカモにした対日外交史と反日の系譜
最終章 危険すぎる習近平ファシズム政権の正体と末路

519rlipqros_sx338_bo1204203200_

2021年10月18日 (月)

ラストサムライ(2003年)

久しぶりに鑑賞しました。

日本人として改めて考えさせられる映画ですね。

47

2021年10月17日 (日)

2021年第42回目のラウンド(藤岡GC東)875

ドライバー、少し復調してきました。
アイアンのシャンクは1回
試練は続く・・・

*藤岡GC東:out46(17)+in46(14)=92(31)-HC16=76(+4)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
1番ロング:1打目1W左OB
6番ミドル:1打目1W右、2打目6I右シャンク
13番ミドル:3打目50°アプローチ左、4打目Pアプローチオーバー
16番ミドル:1打目1W右、2打目6I左

Scorecard_20211010200906

2021年10月14日 (木)

コロナの暗号(村上和雄著)

文明の転換期に警笛を鳴らす小舟の一つとなることを目指した解説書。
コロナ・科学・人新世などについて、各節を簡潔にまとめた「まとめ」の文とあわせてわかりやすく紹介

【もくじ】
1人間自身が招いた「新型危機」の時代
現代文明の「モア・アンド・モア」が人類を滅亡させる
「第六次大量絶滅時代」を招く「人新世」という時代
「成長の限界」どころか「生存の限界」に向かう地球
ほか

2「コロナ」が教えてくれたこと
二年前の危惧が現実化した新型ウイルスのパンデミック
コロナ禍は「人新世」に乗じて爆発的に広がった
人類と共生してきたウイルスの人知を超えた戦略
ほか

3科学者は間違っていなかったか
コロナ禍も大災害も「想定外」では済まされない
役に立たない科学が、じつは一番役に立つ
「役に立つ科学」に偏ると人類の将来が危うくなる

4遺伝子は「いのち」の謎に迫れるか
生命や宇宙の研究にも求められる人間としての節度
ゲーテが予言していた遺伝子操作の危険性
遺伝子も酵素も生物の「部分」であり「全体」像に届かない
ほか

5人類は遺伝子ONで進化する
常識の歴史的転換を迫った一本で一万個のトマト
崖っぷちに立つ人類も、変身できる可能性がある
ほか

6人類が「生きる」ための「合い言葉」
宇宙飛行士が感じ取った「生きている」地球の痛み
「生きていること」の本質を示す自然界の高度な秩序
地球は生きている
ほか

7危機の時代に日本人がはたす役割
受難の時代に求められる日本人の利他的遺伝子
いくつもの歴史に明らかな日本人の利他的伝統
危機状況でこそ発揮される日本人の日本人らしさ

おわりに
全体のまとめを兼ねて 〜「コロナ」の暗号に隠された人類生存の知恵
*「コロナ」が促した生き方の転換
*新しい生き方のヒント「新3S」
*西洋と東洋を結ぶ〝超合理〟の考え方
ほか

510oc5k7fs_sx338_bo1204203200_

2021年10月11日 (月)

ポップス歌手の耐えられない軽さ(桑田佳祐著)

曲が書けないほど 全力で書いちゃったよ……(涙)。
マイクをペンに持ちかえて、不埒に、真面目に、時に感傷的に。
時は図らずもコロナ禍という非常事態、
「週刊文春」というステージで綴られた全66篇 〝魂〟のエッセイ!!

サザンオールスターズのリーダーにして日本の音楽シーンの先頭を走り続ける桑田佳祐が、「頭もアソコも元気なうちに、言いたいことを言っておきたい!」という想いを出発点に、「週刊文春」で2020年1月から2021年4月にかけて連載したエッセイを一冊に結集!
これまで音楽のこと以外はほとんど語ってこなかった桑田が初めて明かす、自身の原点や現代の世相への思い。そこには故郷・茅ヶ崎での少年時代や家族との絆、サザンが結成された青山学院時代の思い出、プロレスやボウリングへの愛、さらに「自主規制」がはびこる日本の現状への憂いや、60代となってからの「人生の目標」などが率直に綴られています。
もちろん音楽についても、自身のサウンドに大きな影響を与えたザ・ビートルズやエリック・クラプトン、ボブ・ディランらへの畏敬の念や、佐野元春や内田裕也、沢田研二、尾崎紀世彦など敬愛する日本のミュージシャンたちへの賛歌、サザンのメンバーやサポートスタッフへの感謝の想い、そしてコロナ下で行った無観客ライブの裏話など、桑田、サザンファンならずとも興味深い話題が満載です。
書籍化にあたって大幅な加筆&推敲を施し、さらに秘蔵カットも掲載!
〝ポップス歌手〟桑田佳祐が「言葉」として残しておきたかったテーマを全身全霊、縦横無尽、天衣無縫に書き尽くした全432ページ、永久保存版の一冊です!

41jnrdtmwl_sx347_bo1204203200_

2021年10月10日 (日)

2021年第41回目のラウンド(藤岡GC西)874

ドライバーに続き、アイアンのシャンクが止まらず
試練は続く・・・

*藤岡GC西:out47(15)+in49(17)=96(32)-HC16=80(+8)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
1番ミドル:1打目1W右、2打目U3左
4番ミドル:2打目U3木
7番ミドル:1打目1Wショート、2打目U3ショート
10番ロング:1打目1W右1ペナ
12番ミドル:2打目U4ダフりショート
13番ショート:1打目4W左、3パット
18番ミドル:1打目1W右、2打目U3左

Scorecard_20211003194104

2021年10月 7日 (木)

世界覇権の大きな真実 ロスチャイルド230年の歴史から読み解く近現代史(副島隆彦著)

本書は、現代の知識人が知っておくべき2つの事実を示す。
第一は、資本主義世界の覇権の構造はいかなるものであり、またそれは、どのように移り変わって来たかということ。
第二は、「世界の金融を握る『ユダヤ財閥のロスチャイルド家』が、実は思いのままに世界を動かしている」と考える人が数多く存在するが、それは見当違いだということ、である。
2つの解明の方途として、本書では、「ロスチャイルド家の創業以来の歴史」を、同時代の世界史に重ね合わせて分析する。
ロスチャイルド家の繁栄の始まりは、1760年代のフランクフルトで、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが金融に手を染めたことであった。それ以降、19世紀を通じて、彼らが栄華を極めたことは事実である。それが、どのようになされたか。また、彼らはいかに衰退していったか。そこに、世界史の事実を発掘する。
尚、本書は、既刊『ロスチャイルド200年の栄光と挫折』のアップデート版である。

51aybaleal_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

2021年10月 3日 (日)

2021年第40回目のラウンド(藤岡GC西)873

技術の前に集中力なし。
残念なラウンドとなりました。
試練は続く・・・

*藤岡GC西:out49(16)+in49(16)=98(32)-HC16=82(+10)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
1番ミドル:1打目1W右、2打目7I左
2番ミドル:3パット
3番ミドル:3パット
6番ロング:3打目U5右OB
11番ミドル:3打目54°アプローチオーバー
13番ショート:1打目4W左、2打目Pダフりショート
14番ミドル:1打目1W左
18番ミドル:1打目1W右1ペナ、3パット

Scorecard_20210925210029

2021年10月 2日 (土)

久々の洗車

台風16号、過ぎて洗車かな

Dsc_2119

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »