2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 中国共産党 暗黒の百年史(石平著) | トップページ | 目の前に迫り来る大暴落(副島隆彦著) »

2021年10月26日 (火)

決定版:大東亜戦争(波多野澄雄 , 赤木完爾, 川島真, 戸部良一, 松元崇, 庄司潤一郎, 兼原信克共著)

上巻
「あの戦争」は正しく「大東亜戦争」と呼ぶべきである――。当代最高の歴史家たちによる決定版。
満州事変から始まり敗戦で終わる足掛け15年の戦争は、従来、「先の大戦」「あの戦争」などと曖昧な呼称で論じられてきた。しかし、本書のために集結した歴史家たちは今回、敢えて「大東亜戦争」の表現を選んでいる。イデオロギーを抜きにすれば、この呼称こそが「あの戦争」の全貌を最も的確に伝えるからだ。二分冊の上巻では、開戦後の戦略、米英ソ中など「敵国」の動向、戦時下の国民生活の内実などに迫る。

51e254lol2s_sx310_bo1204203200__20211025152801

 

下巻
なぜ終戦の決断は遅れたのか。当代最高の歴史家による「あの戦争」の研究。
日増しに敗色が濃くなる中での戦争指導。軍事的な敗北が明白なのに、なぜ終戦の決断は遅れたのか。日本に対峙するアメリカや中国、そして終戦間際に日本を攻めたソ連の戦略は? 下巻では、日本の敗戦で戦争が終結するまでの各アクターたちの動向、戦後の講和体制の形成過程、平成における天皇皇后両陛下による「慰霊の旅」の意味、国家を破綻へと導いた戦争から引き出せる「歴史の教訓」までを詳述。

51yvqmien9s_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

« 中国共産党 暗黒の百年史(石平著) | トップページ | 目の前に迫り来る大暴落(副島隆彦著) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国共産党 暗黒の百年史(石平著) | トップページ | 目の前に迫り来る大暴落(副島隆彦著) »