2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月30日 (木)

亀裂 創業家の悲劇(高橋篤史著)

時代を読み、需要を先取りする動物的な勘。
多くの人を惹きつけ、統率する牽引力。
そして、強烈な自負心と強運。
日本を代表する有名企業をつくった「創業社長」には、どこか共通するカリスマ性がある。
しかし、創業社長のカリスマ性が大きければ大きいほど、その去り際、そして去ったあとには、巨大な陥穽が残されることになる。
セイコーの服部家、国際興業・小佐野賢治、ロッテ・重光武雄といった昭和を象徴する創業者の後継者たちは、いずれも大きな混沌を経験した。
ソニーを創業した盛田昭夫氏の長男・盛田英夫氏は、ソニー株をはじめ多額の資産を父から相続したが、それをスキー場開発やF1レースへの参戦などに膨大な資金をつぎ込み、ついにそのすべてを費消しつくした。盛田家の祖業である醸造業に取り組んだがそれもうまくいかず、それでも都心の高級ホテル住まいをつづけ、最後はその滞在費を払うこともできないところまで追い込まれた。
英夫氏は、「盛田昭夫」という巨大な存在から逃れ、克服するために自分だけの成功を追い求めたのかもしれないが、結局それは果たせなかった。
ユニバーサル・エンターテインメントの岡田家、大塚家具の大塚家、大戸屋の三森家、ゲオの遠藤家も、会社の経営権をめぐって、激しい内紛を展開している。
さらに、創業家の持つ巨額の資産には、「資本のハイエナ」と呼ばれるような地下金融の住人たちや、M資金という古典的な詐欺師たちが群がり、甘言を尽くしてカネを吸い取ろうとする。
目を覆うような悲喜劇は、そこに巨額の資産があるからこそ起こる。
リア王やマクベスを地で行く、裏切りと転落のドラマ。
経済事件取材のトップランナーである筆者が、その圧倒的な取材力と筆力によって構成する最上級の経済ノンフィクション。

61wzvio6gel_sx598_bo1204203200_

2023年3月28日 (火)

習近平独裁3.0 中国地獄が世界を襲う 連鎖恐慌、台湾侵攻、日中衝突…2027年までの衝撃シナリオ(宮崎正弘著)

中国共産党大会で、異例の3期を確定させた習近平。指導部から他派閥を排除し、完全に「習家軍」とよばれる子飼いの側近で固め独裁体制を強化した。本書では、チャイナウォッチャーの第一人者が、今後5年の中国経済、国際政治の変化や、台湾侵攻スケジュール、さらには国内動乱の可能性について徹底分析。とくに最高指導部に改革派、市場重視派が不在となったことで、経済衰退は不可避になり、そのために国内統制がさらに強まり、国内の不満と権力闘争が激化すると指摘。また、ウクライナ問題や一帯一路の挫折から国際的孤立を招いている実態から、台湾侵攻のXデーと実際の占領戦略までを検証する。
習近平の次の5年で、いよいよ爆発するチャイナリスクの実態を明らかにし、中国の行方を予測!

【目次】

プロローグ 習近平3期目の中国で何が起こるのか
 ・さらに加速する経済の衰退
 ・2026年、中国は台湾を侵攻する ほか

第1章 独裁政権の完成で中国の没落は決まった
 ・公安、司法幹部を入れ替えた習近平の意図
 ・破滅的なサプライチェーン
 ・住宅ローン支払い拒否が横行
 ・日本の製造業を潰そうと目論む中国の罠 ほか

第2章 迫る台湾有事と日本の覚悟
 ・台湾人に広がる戦争への決意
 ・中国はどこまでハイブリッド戦争が可能か
 ・舞台裏で繰り広げられる熾烈な諜報戦 ほか

第3章 中国の「静かなる侵略」と各国の嫌中意識
 ・太陽光発電を利用して他国への侵食を加速
 ・中国の軍拡を支えてきた日本
 ・アジア各国の「国学」復活で高まる日本の評価
 ・南太平洋で高まる住民の中国嫌悪 ほか

第4章 「一帯一路」の崩壊で孤立する中国の末路
 ・不良債権化する中国プロジェクト
 ・約束不履行、途中での条件変更が中国の流儀
 ・中国資本で犯罪都市化したシアヌークビル
 ・アフリカでも破綻危機の国が続出

第5章 ウクライナ戦争は中国をどう変えたか
 ・ロシアの疲労で国際的主導権を狙う習近平
 ・金本位制の復活を狙う中露
 ・日本にとってのウクライナの教訓 ほか
 
エピローグ 間違いだらけの日本の対中政策
 ・存廃の危機にある日本の防衛産業
 ・中国幻想から目覚める日本 ほか

51i60usuq4l_sx338_bo1204203200_

2023年3月27日 (月)

太陽の男 石原慎太郎伝(猪瀬直樹著)

猪瀬直樹が見た慎太郎の素顔とは……
『太陽の季節』で日本中を熱狂させた「無意識過剰」「価値紊乱者」の石原慎太郎は、社会に何を警告したのか。三島由紀夫を動揺させ、多大な影響を与えた慎太郎。交錯、衝突し、天皇制と国家観をめぐって離反した2人の天才を考察することで、慎太郎がその作品群に込めた真意に迫った。
東京都知事と副知事として、作家同士が都庁舎で折々語りあった猪瀬直樹が見た慎太郎の素顔とは……。『ペルソナ 三島由紀夫伝』『ピカレスク 太宰治伝』に続く作家評伝を、一周忌に満を持して上梓する著者渾身の書き下ろし。

■本書の目次■
プロローグ――「君が代」と「日の本」
第1章 敗戦の子
第2章 ヨットと貧困
第3章 公認会計士の挫折と裕次郎の放蕩
第4章 運をつかむ
第5章 スター誕生
第6章 ライバル三島由紀夫
第7章 拳闘とボディビル
第8章 『亀裂』と『鏡子の家』
第9章 「あれをした青年」
第10章 挑戦と突破
第11章 石原「亡国」と三島「憂国」
第12章 「嫌悪」と「海」
第13章 天皇と核弾頭
エピローグ――価値紊乱は永遠なり

51ejejhkkrl_sx338_bo1204203200_

2023年3月26日 (日)

2023年8回目のラウンド(藤岡GC東)937

アイアンがトゥに当たる。
ボールの置き位置、替えたからか
以前に戻した方がいい・・・
YouTube、あんまり見ない方がいいね

*藤岡GC東:out50(18)+in46(13)=96(31)-HC16=80(+8)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
2番ミドル:3打目Pアプローチショート
3番ショート:7Iショート1ペナ
4番ミドル:3打目54°アプローチ左
5番ミドル:3パット
6番ミドル:3パット
7番ショート:3打目パターオーバー
9番ロング:2-3打目4Wショート、4打目9I左
10番ミドル:3打目54°アプローチオーバー、4打目54°アプローチオーバー
14番ショート:1打目8Iショート1ペナ
18番ロング:2打目4W左、4打目8I左、5打目54°ダフりショート

Scorecard_20230320095213_20230320190901

2023年3月24日 (金)

桜:神田川

Img_20230324131352769

Img_20230324131330280

2023年3月23日 (木)

夜桜:花小金井

Img_20230322221215315

Img_20230322221235040

2023年3月22日 (水)

2023年3月22日:第5回WBC:決勝

https://twitter.com/gonaka555/status/1638400407218290688?s=20

2023年3月21日 (火)

桜:小平グリーンロード

Img_20230321143831667

Img_20230321144635304

 

桜:花小金井

Img_20230321134705527

Img_20230321134055129

2023年3月16日 (木)

円安と補助金で自壊する日本(野口悠紀雄著)

日本は、いま――
方向性を失い漂流している。
物価上昇率が2%を超える経済で、長期金利が2%を超えないなど、あり得ない!

~日銀がとるべき方策は、金利抑制策を放棄し、長期金利を市場の実態に委ねることしかない~

岸田文雄内閣のマクロ経済政策は、基本的な点で深刻な矛盾を含むものになっている。
なぜなら、一方で物価高騰が問題としながら、
他方で金融緩和を続けることによって、円安を放置しているからだ。
もちろん、これでは賃金は上がらない。
経済のもっとも重要な問題に関して矛盾した政策が続けられているのは、
日本の政策決定体制が深刻な機能不全に陥っていることを示すものだ。
そして、日本の国際的地位は、確実に低下を続けている。
本書の目的は、いま日本が直面する経済問題の本質が何であるかを明らかにすることである。
それを踏まえて、日本が向かうべき方向を示したい。

はじめに 世界経済の大混乱に翻弄され、漂流を続ける日本 
第1章 円安で物価高騰
第2章 円安で日本が衰退した
第3章 日銀と投機筋の壮絶な戦い
第4章 金融政策の転換が必要なのに日銀が動けない理由
第5章 補助金漬け体質になる日本の製造業
第6章 デジタル化はどこに向かうか?
第7章 新しい日本をつくるのは高等教育の充実

51dxlghpll_sx338_bo1204203200_

2023年3月14日 (火)

70歳からが本物の成長期(花田紀凱、和田秀樹共著)

60歳、還暦だってまだまだ通過点。
70歳、古希を超えたらついに始まる「大人の青春」

2022年に日本で一番読まれた大ベストセラーの著者であり、
「日本一の高齢医療の名医」、和田秀樹さん。

御年80歳、月刊誌の最前線でいまなお大活躍中の
「現役最年長の雑誌編集長」、花田紀凱さん。

異色の二人が「70歳からの幸せ」について、
本音でとことん語り合う!

「70歳からが、夢をかなえる大チャンスの到来!」
「お金をどんどん使うほど、家族も日本も、喜ぶ!」
「死後の心配より、生前の遊びに時間をつかうべし」
「AI社会は、じつはシニアが主役になれる時代」

「70歳からの生き方」を深掘りするほど、
予想のつかない「正解」が飛び交い、
年をとるのが楽しみになる一冊!

【目次より】
第1章【70歳からの幸せ】
できるだけ幸せに過ごしたいと思うのは欲張りですか?

第2章【70歳からの夢】
年甲斐もなく、夢を持ってもよいのでしょうか?

第3章【70歳からのお金の使い方】
お金をどうやって使ったらいいのか、わかりません!

第4章【70歳からの脳】
「脳が老いない」方法があるってホントですか?

第5章【70歳からの健康】
もちろん健康でいたいのですが、正直、不安もあります……

第6章【70歳からの人間関係】
年々、人付き合いが億劫になってきませんか?

第7章【70歳からの終活】
死ぬのが怖くならない方法はありませんか?

第8章【70歳からのデジタル化】
スマホやデジタル社会には慣れるべきでしょうか?

第9章【70歳からの人生の決め方】
高齢だし、やっぱりマスクは外しちゃダメですか?

5124vkxcpnl_sx325_bo1204203200_

2023年3月12日 (日)

2023年第7回目のラウンド(藤岡GC東)936

相変わらず大叩きのホールあり・・・

*藤岡GC東:out49(17)+in48(14)=97(31)-HC16=81(+9)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
2番ミドル:2打目U3木
4番ミドル:3パット
7番ショート:3打目パターオーバー
9番ロング:3打目4W右チョロOB
10番ミドル:3-4打目54°アプローチオーバー
14番ショート:1打目8I左1ペナ
15番ロング:4打目50°オーバー

Scorecard_20230305213607

2023年3月11日 (土)

追悼:3月11日

あれからはや12年

忘れられないあの日

亡くなられた方々に合掌

生かされている方は精いっぱい生きる

P1000038_20230311120301

P1000037_20230311120301

 

 

2023年3月10日 (金)

1945年3月10日:大東亜戦争:東京大空襲

After_bombing_of_tokyo_on_march_1945_194

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

3月10日:大日本帝国陸軍記念日

Imperial_japanese_army_commemoration_day

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E8%BB%8D%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%97%A5

2023年3月 7日 (火)

日本人だけが知らなかった「安倍晋三」の真実 - 甦った日本の「世界史的立場」(西村幸祐著)

参議院選挙期間中に安倍晋三元総理が暗殺されたという衝撃のニュースは、世界に衝撃を与えた。そして、アメリカのバイデン大統領、トランプ前大統領、インドのモディ首相、さらにはロシアのプーチン大統領まで、文字通り世界中の首脳たちが、人間らしさにあふれた、通り一遍の弔意をはるかに超えたメッセージを発表した。ところが、日本国内では言いがかりとしか考えられない「モリカケ報道」などでの無用のバッシングをはじめ、安倍元総理の重要な功績に対する評価が浸透しているとは言い難い。この元総理に対する評価の国内外での圧倒的な格差はどこから来るのか。
生前、元総理とも親交があった著者が、関係者などへの取材も含め、日本人だけが知らない、あるいは見ようとしてこなかった安倍元総理の功績、その真実に迫る。

41xogvfrrwl_sx309_bo1204203200_

2023年3月 5日 (日)

2023年第6回目のラウンド(藤岡GC東)935

チョー強風、極寒
3パット5発、トリプルボギー4発

*藤岡GC東:out50(19)+in53(17)=103(36)-HC16=87(+15)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。
4番ミドル:3打目50°アプローチオーバー
5番ミドル:3パット
7番ショート:3パット
9番ロング:1打目1W右OB、3パット
10番ミドル:3打目54°アプローチオーバー
11番ショート:1打目6Iチョロ、2打目50°右
13番ミドル、3打目8I右
15番ロング:3パット
18番ロング:3パット

Scorecard_20230226210848

2023年3月 3日 (金)

桃の節句:ひな祭り

Img_20230303133212290_20230303140901

2023年3月 2日 (木)

世界が違って見える日(中島みゆき)2023年3月1日

届きました。

今回も「神アルバム」ですね。

姉御、ありがとう。

8a5dac8d230863f964a73ff73a8c309

https://www.youtube.com/watch?v=oWOivU7NLpM

 

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »