2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

« 太陽の男 石原慎太郎伝(猪瀬直樹著) | トップページ | 亀裂 創業家の悲劇(高橋篤史著) »

2023年3月28日 (火)

習近平独裁3.0 中国地獄が世界を襲う 連鎖恐慌、台湾侵攻、日中衝突…2027年までの衝撃シナリオ(宮崎正弘著)

中国共産党大会で、異例の3期を確定させた習近平。指導部から他派閥を排除し、完全に「習家軍」とよばれる子飼いの側近で固め独裁体制を強化した。本書では、チャイナウォッチャーの第一人者が、今後5年の中国経済、国際政治の変化や、台湾侵攻スケジュール、さらには国内動乱の可能性について徹底分析。とくに最高指導部に改革派、市場重視派が不在となったことで、経済衰退は不可避になり、そのために国内統制がさらに強まり、国内の不満と権力闘争が激化すると指摘。また、ウクライナ問題や一帯一路の挫折から国際的孤立を招いている実態から、台湾侵攻のXデーと実際の占領戦略までを検証する。
習近平の次の5年で、いよいよ爆発するチャイナリスクの実態を明らかにし、中国の行方を予測!

【目次】

プロローグ 習近平3期目の中国で何が起こるのか
 ・さらに加速する経済の衰退
 ・2026年、中国は台湾を侵攻する ほか

第1章 独裁政権の完成で中国の没落は決まった
 ・公安、司法幹部を入れ替えた習近平の意図
 ・破滅的なサプライチェーン
 ・住宅ローン支払い拒否が横行
 ・日本の製造業を潰そうと目論む中国の罠 ほか

第2章 迫る台湾有事と日本の覚悟
 ・台湾人に広がる戦争への決意
 ・中国はどこまでハイブリッド戦争が可能か
 ・舞台裏で繰り広げられる熾烈な諜報戦 ほか

第3章 中国の「静かなる侵略」と各国の嫌中意識
 ・太陽光発電を利用して他国への侵食を加速
 ・中国の軍拡を支えてきた日本
 ・アジア各国の「国学」復活で高まる日本の評価
 ・南太平洋で高まる住民の中国嫌悪 ほか

第4章 「一帯一路」の崩壊で孤立する中国の末路
 ・不良債権化する中国プロジェクト
 ・約束不履行、途中での条件変更が中国の流儀
 ・中国資本で犯罪都市化したシアヌークビル
 ・アフリカでも破綻危機の国が続出

第5章 ウクライナ戦争は中国をどう変えたか
 ・ロシアの疲労で国際的主導権を狙う習近平
 ・金本位制の復活を狙う中露
 ・日本にとってのウクライナの教訓 ほか
 
エピローグ 間違いだらけの日本の対中政策
 ・存廃の危機にある日本の防衛産業
 ・中国幻想から目覚める日本 ほか

51i60usuq4l_sx338_bo1204203200_

« 太陽の男 石原慎太郎伝(猪瀬直樹著) | トップページ | 亀裂 創業家の悲劇(高橋篤史著) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽の男 石原慎太郎伝(猪瀬直樹著) | トップページ | 亀裂 創業家の悲劇(高橋篤史著) »