2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月29日 (日)

2023年22回目のラウンド(藤岡GC東)951

1ヶ月振りのラウンド

新ドライバー初ラウンドでした。

パターも新グリップ

*藤岡GC東:out48(17)+in43(14)=91(31)-HC16=75(+3)

ダブルボギー以上のホールのミスは次の通り。

1番ミドル:1打目1W左、7Iダフりショート、3打目4W右

5番ミドル:1打目1W左、4打目パターオーバー

7番ショート:1打目U5ショート、2打目58°バンカー回避

8番ミドル:1打目1W左、3パット

9番ロング:2打目4W左、3打目4Wショート

15番ロング:4打目パターオーバー

 

Scorecard_20231022225103

2023年10月25日 (水)

交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2

71a8jk5ffal__ac_sx300_sy300_ql70_ml2_

2023年10月21日 (土)

愛という名のもとに(1992年)

9f1377824d31724fa473964566bc616b

2023年10月 8日 (日)

世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊(福井雄三著)

太平洋戦争における日本の“最大の悲劇"は、日本が戦争に敗れたこと自体というよりも、アメリカから一方的にやられっぱなしの、あのようなぶざまな負け方をした戦闘内容のレベルの低さにあった。これが、現在の日本人の潜在意識の底――対米意識や戦後の歴史観にも大きな影を落としている。
しかし、兵力差10倍のソ連軍を圧倒したノモンハン事件、世界を驚かせたシンガポール陥落までの電撃戦など、スターリンをも震え上がらせ、当時の国際情勢を大きく動かした日本陸軍は、一時世界最強であった。では、なぜ日米戦争では“悲惨な敗退戦"を繰り返したのか。
本書は、「北進論と南進論」「次から次へと嘘をつく」「ガダルカナルの悲劇の真犯人」「なぶり殺しにされた日本陸軍」「死中に活を求めたはずが……」など、陸軍が海軍の無謀な戦略と作戦指導に引きずられて、敗戦に至った真因へと迫る!
「陸軍悪玉・海軍善玉論」を根底からくつがえす渾身の力作。

71816pfmpms_sy522_

2023年10月 1日 (日)

10月1日:アントニオ猪木命日

アントニオ猪木
ありがとうー

Fer_oqaaeaamlm4

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »