2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

歴史

2024年5月 9日 (木)

ロシア敗れたり(鈴木荘一著)

吹けば飛ぶような小国がなぜ、世界最強のロシア陸軍を打ち破り、無敵のロシア海軍を全滅させることができたのか……
幕末維新史の定説を覆した大ヒット作『明治維新の正体』の著者が、『坂の上の雲』という過ちに挑み、日露戦争の真実に迫る、衝撃の書き下ろし最新刊!

71bmffkkuul_sy522_

2024年5月 4日 (土)

自民党崩壊

なぜ「清和会」は狙われたのか?
出でよ、日本の安全と国益を守る「シン保守党」!

安倍元首相の国家観と戦略を、誰が引き継ぐのか?
「維新」は天下を盗れるか

―――――――――――
自民党が、崩壊しつつある。昭和30(1955)年の結党以来、
自民党は過去何度も危機的状況に陥ったが、今回ばかりは、
危機の度合いが違う。日本の保守政治そのものが、大きな転換点を
迎えているのだ。「安倍晋三」にとって代わる政治家も政治勢力も
左右ともに、いまだ台頭していない。政界は、先の見えない
真っ暗なトンネルに迷い込んでしまったのである。――本文より要約
―――――――――――

「大阪活性化モデル」は
日本全体に通用するのか?
日本維新の会の力量と課題を徹底分析。

71sjpuidl0l_sy466_

2024年4月22日 (月)

満州建国の大義―石原莞爾とその告白(鈴木荘一著)

石原が果たした満州建国。それは満州民族の独立を守り、共産ソ連への防波堤を築くための死闘だった!

「虎さえ出没する満州の前人未到の不毛の原野に、不屈の努力をもって鍬を振るい、ささやかな収穫をなした日本人の営為は、決して消し去ることのできない歴史の真実なのである……」(「本文」より)

第一章:日露戦争と少年石原莞爾の危機感
第二章:それまでの満州
第三章:日露戦争後の満州
第四章:石原莞爾、漢口からベルリンへ
第五章:満州事変
第六章:国際連盟脱退
第七章:石原莞爾の失脚
終章:酒田臨時法廷
付載:世界最終戦論(石原莞爾著)

71jc6ylovl_sy522_

2024年4月 6日 (土)

島津は屈せず(近衛龍春著)

九州統一を目前にして意気あがる島津家の前に、豊臣秀吉の大軍が迫る。常に最前線に立つ闘将・義弘。国内安定を優先する知将・義久。両雄の狭間で悩む若き後継者・忠恒。兄弟と親子は時に対立しつつも、運命の一戦に挑む。壮大なスケールで戦国島津一族の激戦を描く歴史小説。

島津は、島津の戦いをするのみだ! 精鋭・島津家を自陣に引き込もうと策を巡らす家康と三成。決戦の終幕、家康の眼前を平然と進軍する義弘率いる島津勢の豪胆さに東軍は震撼した。家康が屈した、寸土の領地も与えぬ知略を尽くした戦後の外交戦。〝敗者の勝利〟を描く歴史巨編。九州統一を目前にして意気あがる島津家の前に、豊臣秀吉の大軍が迫る。常に最前線に立つ闘将・義弘。国内安定を優先する知将・義久。両雄の狭間で悩む若き後継者・忠恒。兄弟と親子は時に対立しつつも、運命の一戦に挑む。壮大なスケールで戦国島津一族の激戦を描く歴史小説。

91usi4ptypl_sy522_

91uysekvkvl_sy522_

2024年3月 3日 (日)

3月3日:ひな祭り

Dsc_1193_20240302163001

2024年3月 2日 (土)

騙されないための中東入門(高山正之、飯山陽共著)

親日国という幻想!
巧妙な反米戦略。
トルコ、イランの本音とは?
各国の思惑が交差する、「新たな冷戦」の未来地図を描き出す!

◆本書の内容◆
対イランでアラブとイスラエルが接近/米国の支援金がテロリストの報酬に
イスラムの世界征服は本気だ!/「八方美人のコウモリ国家」トルコ
ウイグル人の命を中国に売ったエルドアン/大帝国復活を夢見る指導者たち
独裁よりも問題な「帝国主義」/中東は「親日国」ばかりは嘘
日本を小バカにしているイラン/「スンナ派vs.シーア派」は間違い
拡大する「戦争の宗教」/イスラム教徒が日本を覆う日

第1部 中東を見れば世界がわかる
・第1章 中東の大地殻変動
・第2章 中東から見た新冷戦
・第3章 「日本の役割」という幻想からの脱却

第2部 中東混乱の元凶は何か
・第4章 イラン・イスラム革命の衝撃
・第5章 知らなかったでは済まないイスラム教

71ft4fmqv7l_sy522_

2023年12月22日 (金)

アメリカ人が語るアメリカが隠しておきたい日本の歴史(マックスフォンシュラー著)

世界に伝えたい! 日米2カ国語併記! 
Written in both English and Japanese

YouTubeでも大活躍! 一番読まれているマックス氏の本!

真実を語ること、それはヘイトスピーチではありません。
──マックス・フォン・シュラー MAX VON SCHULER

元海兵隊員がアメリカの嘘を告発!
MAXよくわかる!

「南京大虐殺」「性奴隷」「強制徴用」など反日の主戦場はアメリカ

アメリカは日本に永遠の贖罪意識をもたせることで日本を抑え続けている
We should revive the spirit that led Japan to create the East Asia Co-Prosperity sphere. The West has chosen their fate,
to fall into ruin. We should not share that fate, but create our own destiny.

日本が大東亜共栄圏を作り上げた精神を復活させるべきです。欧米は破滅する運命を選びました。
我々はその運命を共有するのではなく、自らの運命を切り開くべきです。
(本文─「普及版に寄せて」より)

81cmwcbktfl_sy522_

2023年12月 3日 (日)

硫黄島栗林忠道大将の教訓(小室直樹著)

日本人が忘れてはならない島がある──
硫黄島の死闘が変えた戦後!

歴史に学ばない日本人へ!──日本人が忘れてはならない島・硫黄島。大東亜戦争末期に起こったこの戦闘で、日本軍があまりにも強いのを見て、アメリカはこんな強敵と戦争するのはもうごめんだと考えた。そしてこの戦闘のおかげで、戦後の日本は米軍をほとんど無償で使うことができた。しかし、アメリカ人が硫黄島から多くを学んでいるのに対し、日本では硫黄島の存在すら忘れている。硫黄島の死闘から教訓を得て、今日に生かさなければ、それこそ栗林中将以下、守備隊二万人の死は無駄になってしまう──小室直樹が日本人に警鐘を発する待望の書き下ろし単行本!

9784898311028

2023年10月 8日 (日)

世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊(福井雄三著)

太平洋戦争における日本の“最大の悲劇"は、日本が戦争に敗れたこと自体というよりも、アメリカから一方的にやられっぱなしの、あのようなぶざまな負け方をした戦闘内容のレベルの低さにあった。これが、現在の日本人の潜在意識の底――対米意識や戦後の歴史観にも大きな影を落としている。
しかし、兵力差10倍のソ連軍を圧倒したノモンハン事件、世界を驚かせたシンガポール陥落までの電撃戦など、スターリンをも震え上がらせ、当時の国際情勢を大きく動かした日本陸軍は、一時世界最強であった。では、なぜ日米戦争では“悲惨な敗退戦"を繰り返したのか。
本書は、「北進論と南進論」「次から次へと嘘をつく」「ガダルカナルの悲劇の真犯人」「なぶり殺しにされた日本陸軍」「死中に活を求めたはずが……」など、陸軍が海軍の無謀な戦略と作戦指導に引きずられて、敗戦に至った真因へと迫る!
「陸軍悪玉・海軍善玉論」を根底からくつがえす渾身の力作。

71816pfmpms_sy522_

2023年9月16日 (土)

地図と拳(小川哲著)

「君は満洲という白紙の地図に、夢を書きこむ」
日本からの密偵に帯同し、通訳として満洲に渡った細川。ロシアの鉄道網拡大のために派遣された神父クラスニコフ。叔父にだまされ不毛の土地へと移住した孫悟空。地図に描かれた存在しない島を探し、海を渡った須野……。奉天の東にある〈李家鎮〉へと呼び寄せられた男たち。「燃える土」をめぐり、殺戮の半世紀を生きる。

ひとつの都市が現われ、そして消えた。
日露戦争前夜から第2次大戦までの半世紀、満洲の名もない都市で繰り広げられる知略と殺戮。日本SF界の新星が放つ、歴史×空想小説。

51sr6rv6gml_sx346_bo1204203200_

より以前の記事一覧