2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

日本・日本人

2021年4月13日 (火)

「違和感」の日本史(本郷和人著)

中世から近代までの通説に
「そんなバカな! 」

人気歴史学者が“威勢のいい学説”を疑う

●江戸期の鎖国は噓?
●秀忠が天皇に激怒?
●信長は英雄ではない?

島国であることが歴史の形成に大きな影響を与えた。
だからこそ、外交を考えることがとりわけ重要になります。
ぼくが「江戸時代の日本は鎖国していなかった」とする
最近の近世史の解釈に執拗に疑いをもち、
批判せざるを得ない理由がそこにあるのです。(本書より)

歴史は疑問に満ちている

〈主な内容〉
第1章 江戸時代に鎖国はなかったのか
第2章 2代将軍が天皇に激怒の「違和感」
第3章 信長の「天下」とは京都周辺だけか
第4章 なぜ西郷どんは大隈重信を嫌うのか
第5章 「男と女」の立ち位置の行方
第6章 天皇をめぐる歴史の謎
第7章 夏目漱石のワケありな門人たち
第8章 人物を語らない歴史研究でいいのか

著者
東京大学史料編纂所教授。1960年、東京都生まれ。東京大学文学部、同大学院で石井進氏、五味文彦氏に師事し日本中世史を学ぶ。専門は中世政治史、古文書学。博士(文学)。
史料編纂所では『大日本史料 第五編』の編纂を担当。2016年、『現代語訳 吾妻鏡』(全巻17冊、吉川弘文館)で第70回毎日出版文化賞(企画部門)を五味氏らと受賞。
著書に『中世朝廷訴訟の研究』(東京大学出版会)、『日本史のツボ』(文春新書)、『歴史のIF(もしも)』(扶桑社新書)、『誤解だらけの明智光秀』(マガジンハウス)など多数。
本書の姉妹編に『怪しい戦国史』『戦国武将の選択』(産経新聞出版)がある。

518oilkvll

2021年4月 2日 (金)

神田川の桜

Dsc_1334

Dsc_1336

Dsc_1335

2021年3月30日 (火)

小平グリーンロードの桜

Dsc_1332

Dsc_1314

Dsc_1313

Dsc_1312

2021年3月25日 (木)

ふたたび桜

Dsc_1293

2021年3月24日 (水)

小平グリーンロードの桜

Dsc_1289

Dsc_1288

2021年3月23日 (火)

夜桜

Dsc_1286

2021年3月22日 (月)

花小金井の桜

今年も咲きましたね

 Dsc_1278

 Dsc_1279

2021年3月20日 (土)

バイデン大統領が世界を破滅させる 親中に傾く米国と日本に迫る危機(宮崎正弘著)

内容
円高恐慌、日中軍事衝突、台湾侵攻、南北統一…前回、トランプ当選を的中させた著者がバイデン時代を読み解く!暗黒の4年間が始まり、世界・日本に何が起こるのか。

著者
昭和21年金沢生まれ、早稲田大学中退。 評論家、作家。中国全土をくまなく踏査、中国経済の実態報告に定評があり、著書多数。 くわえて、中国をめぐり福島香織氏、宮脇淳子氏、河添恵子氏、渡邉哲也氏、室谷克実氏、石平氏らとした対談書籍も多い。対談新作『世界を震撼させた歴史の国日本』(徳間書店、高山正之氏との対談)が好評。また歴史評論では吉田松陰、西郷隆盛論などがあり、近著は『明智光秀 五百年の孤独』『「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する』(いずれも徳間書店)。

51xwwwepyql_sx341_bo1204203200_

2021年3月15日 (月)

ウイルスが変えた世界の構造(副島隆彦・佐藤優共著)

人類は新たなステージに入った! 新型コロナウイルスのパンデミックで世界は一変した。いま、世界と日本で何が起きているのか。アメリカに勝利した中国の全体主義、コロナ後の金融危機、アメリカの「国教」ユニテリアンとは何か。日本の最高知性、副島隆彦、佐藤優の2人が、近代500年の終焉と世界の行方を徹底対論する。アフターコロナで世界はどう変わったのか、近代500年を支えてきたユニテリアンの宗教思想をベースに語りつくす。

Photo_20210315125701

2021年3月 3日 (水)

ひな祭り

Dsc_1193_20210303103201

より以前の記事一覧