2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

けっこう好きです!

2015年7月22日 (水)

花小金井サンバ

行ってきました。

サンバのツービート、最高ですね!

http://www.hanakoganei.net/

Img_3354w480

https://www.youtube.com/watch?v=u1dPfD4hwuo

https://www.youtube.com/watch?v=PV-jy52A0rg

2014年7月24日 (木)

花小金井サンバフェスティバル2014

 ことしもやってきました、サンバ!

 やはり、サンバのリズムはいいですね!

Dsc_0024w1024

http://hanakoganei.pcintra.com/category1/

https://www.youtube.com/watch?v=uxwX7nEPY7I

2014年5月26日 (月)

歌うインテリ女優Sharo セクシーで圧倒的なダンスと歌唱力

 ミュージカルに魅せられ、早稲田大学を中退──。芸能界に飛び込み、ブレイクした美女がいる。その美女とは、キュッと上がったボリュームのあるヒップに日本人離れした体型で、大胆な衣装もゴージャスに着こなす、写真の女優で歌手のSharo(28)だ。

 「ミュージカルサークルで1年生の夏に舞台に上がり、完全に虜になってしまって。ライトを浴びてステージで歌う経験は、ビックリするほど気持ちがよくて、もうシビれてしまったんです!」

 ミュージカル専門学校へ進路変更したが、「5~6年間、何十回と受けた」オーディションは落選続き。千葉・柏で路上ライブをしていたところをスカウトされた。

 彼女の最大の武器は、セクシーで圧倒的なダンス&歌唱力。写真のような衣装で、『シカゴ』『バーレスク』などミュージカル作品の楽曲を、本場さながらのダイナミックさで歌い踊る。時には寝転んだり、逆さの体勢になりながら、甘く妖艶に歌い上げる。

「ライブでは曲ごとにパフォーマンスのテイストを変えます。さわやかだったり、エロかったり、かわいらしかったり。ぜひ、色々なSharoを楽しんでほしい」

 刺激と癒しを与えられる“エンターテイナー”になるのが夢だ。

■Sharo(シャロ):1984年福岡県生まれ。2012年にドラマ『結婚しない』(フジテレビ系)で女優デビュー。ドラマやCMで活躍する一方、歌手としてライブも行なう。最新ライブ『Sharo LIVE vol.3~Jump~』は、4月22日に赤坂BLITZにて。4月頃にファースト写真集がワニブックスより刊行予定。活動の詳細はhttp://www.staff-up.net/にて。

Sharo

(週刊ポスト2014.2.7)

==========================

 けっこう好きです!

http://ameblo.jp/sharoblog/

2014年4月21日 (月)

胸の膨らみが鞄のヒモで強調される「ぱいすら」現象が話題に

 ほんと些細なことだが、世の中にはみな密かに気づいているのに、誰も指摘しないということがある。たとえば、女の子が胸の間に鞄のヒモをスラッシュ状に斜め掛けしたときにできる、あのおっぱいのミョーな膨らみ。「本人が意識しているか分からないぶん、たしかに目のやり場に困る」。といった方も多いのでは。

 なんと、ただそれだけを集めたという写真集が、いま話題なのだとか。これまで口にできなかった男性のフェティシズムを刺激してか、写真集『ぱいすら女子』(グライドメディア)は発売3か月で完売の人気だという。

 先月発売された写真集『パイスラッシュ-現代フェティシズム分析-』(エンターブレイン)の写真家・青山裕企氏は、「露出のない胸のフォルムを強調するパイスラッシュという現象こそ、フェティシズムの極意でしょう」と語る。

 これまで、バレることを恐れていた男の「ぱいすら」目線。話題だからといって堂々と見るのは写真集だけにしましょう。

撮影■大根篤徳
青春エンタメプチ写真集『ぱいすら女子』(発行:グライドメディア)より

※週刊ポスト2012年11月2日号

Paisura1

=========================

 けっこう好きです!

2014年4月18日 (金)

小栗ルパン&メイサ不二子ちゃん初公開!モンキー・パンチ氏も絶賛

 

 人気アニメを40年ぶりに実写化した映画「ルパン三世」(8月30日公開、北村龍平監督)に主演する俳優、小栗旬(31)ら主要キャスト5人の劇中ビジュアルが8日、初公開された。

 ルパン役の小栗は8キロの減量でスラッとした“ルパン体形”に変身し、アニメと同じ赤ジャケット姿を披露した。セクシーな女泥棒、峰不二子役の黒木メイサ(25)は胸の谷間がくっきりのドレス姿で魅了。劇中では泡風呂シーンやバスタオル1枚の“艶技”にも挑んだ。

 ハットで決めた次元大介役の玉山鉄二(34)、着流しの石川五ェ門役の綾野剛(32)は原作者、モンキー・パンチ氏(76)の漫画と生き写し。ルパン一味を追う銭形警部役の浅野忠信(40)も超クールだ。

 山本又一朗プロデューサー(66)はビジュアルについて「アニメのよさをくみながら、人間のリアリティーを流し込んだ」と説明。モンキー・パンチ氏も小栗のルパン姿に「いいね!」を連発。漫画から現実世界に飛び出したルパンたちのアクションは必見だ。

Ent14040906430000p1

(産経ニュース2014.4.9)

==========================

 峰不二子は、イメージがちがいますなぁ~

 でも、けっこう好きです!

 

2014年3月24日 (月)

CAのミニスカ 国交相が“懸念”

 スカイマークが5月に導入するエアバスA330で客室乗務員(CA)が着用するミニスカートの制服が物議を醸している。太田昭宏国土交通相は20日の閣議後会見で、「(CAは)適切に保安業務を行う必要があり、サービスだけではない」と指摘。定期監査などで制服の妥当性を確認する方針だが、同社は「お客さまと社員の安全性を考慮している」と現時点での変更予定はないとしている。

 スカイマークは通常、ポロシャツ姿で客室サービスするが、同機のCAは就航半年のキャンペーン中、膝上約15センチの青いミニのワンピースや帽子を着用する。

 これについて、航空労組連絡会加盟のCAでつくる「客室乗務員連絡会」は「セクハラ行為を誘発しかねない」「保安業務に専念できない恐れがある」として、国交省に指導を要請した。

Trd14032109540009p1

(産経ニュース2014.3.21)

========================

 まったく問題ないでしょ!

 美意識の問題です。

2014年3月10日 (月)

4千人が踊り7万人が酔う 豪華パレードで最高潮に リオのカーニバル

 

 南米最大の夏の祭典、ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルは2日夜(日本時間3日朝)、12のトップチームによるパレードが始まり、最高潮を迎えた。パレードは4日朝まで2晩にわたって徹夜で続き、各チームの約4千人がサンバを歌って踊り、華麗さを競う。

 リオ中心部の専用会場「サンボドロモ」は派手な音楽に包まれ、羽飾りを着けた女性らが激しいステップを披露。巨大で壮麗な山車やダンサーらによるパフォーマンスで、国内外から詰め掛けた7万人以上の観客の目を楽しませた。

 サンボドロモは長さ約700メートルのパレード会場両脇に観客スタンドが並び、2016年のリオ五輪ではマラソンのゴールになる。4日にはサッカー・ワールドカップ(W杯)開幕まで100日となることから、今年はブラジルのサッカーの英雄で元日本代表監督のジーコ氏をテーマにしたチームも登場する。

Amr14030315330004p10

(産経ニュース2014.3.3)

==========================

 けっこう好きです!

2014年2月10日 (月)

スカイマークCAの制服

 けっこう好きです!

B736b00cs

http://matome.naver.jp/odai/2138735840350789601

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140210/wlf14021007000000-n1.htm

2013年12月28日 (土)

安藤美姫が現役引退を表明 世界選手権で2度女王

 フィギュアスケート女子で世界選手権を2度制した安藤美姫(26)=新横浜プリンスク=が23日、現役引退を表明した。全日本選手権で7位に終わり「この後は試合もないと思う。きょうが最後だと思う」と語った。今後は指導者を目指すという。

 14歳だった2002年に女子で初めて4回転ジャンプに成功したことで知られ、2度出場した冬季五輪では06年トリノ大会で15位、10年バンクーバー大会で5位だった。11年世界選手権で07年以来の女王に輝き、その後に休養。ことし4月に女児出産後、9月の国際大会で復帰したがソチ五輪出場はならなかった。

(産経ニュース2013.12.23)

Oth13122323520026p4

=========================

 けっこう好きでした!

2013年9月 2日 (月)

情熱ダンサー4700人 浅草サンバカーニバル

 

 東京・下町で夏恒例の「浅草サンバカーニバル」が31日、東京都台東区の浅草寺周辺で開かれ、19チーム、約4700人のダンサーがリズムに合わせて情熱的な歌や踊りを披露した。

 32回目となる今年は、昼すぎに気温が35・3度まで上がる猛暑日。照りつける太陽の下、色とりどりの羽根飾りを付けたダンサーが通りを埋め尽くし、沿道に集まった観客を魅了した。 

 さいたま市の主婦、篠はるこさん(62)は「キラキラ衣装のナイスバディーが見られて、暑い中、来たかいがあった」と話した。 

 ヒョウ柄の衣装で大阪のチームに参加した町田幸子さん(34)は「手を振ってくれるお客さんもいて、みんな笑顔で楽しかった」と、額に光る汗をぬぐった。

(産経ニュース2013.8.31)

Trd13083119120014p3

=============================

 サンバのリズム、やはり好きです!

https://www.youtube.com/watch?v=U_E5IGmPCbs

より以前の記事一覧