2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

芸能・アイドル

2024年2月26日 (月)

2月26日:桑田佳祐生誕

祝!
桑田佳祐生誕

Tg008

2024年2月23日 (金)

2月23日:中島みゆき生誕

祝!
中島みゆき生誕

20150207162452282_20240224144901

2023年2月26日 (日)

祝:1956年2月26日

桑田佳祐生誕

20220302_192344

2023年2月23日 (木)

祝:1952年2月23日

中島みゆき生誕

20150207162452282

2022年6月28日 (火)

桑田佳祐論(スージー鈴木著)

「胸さわぎの腰つき」の衝撃から44年。以来ずっと桑田佳祐は自由に曲を書き、歌ってきた。日本語を巧みにビートに乗せ、「誘い涙の日が落ちる」といった独創的な言葉を紡ぐ。情感豊かな歌詞で日本人の心を鷲づかみしながら、エロくキワどい言葉を投げ、愛と平和を正面から訴える。はたして桑田佳祐は何を歌ってきたのか――。
サザンとソロ全楽曲のうち26作を厳選、桑田佳祐の歌詞を徹底分析。その〝ことば〟に本質が宿る!

51gj12ybwvl_sx310_bo1204203200_

2022年5月23日 (月)

時代遅れのRock’n’Roll Band(桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎)

Ftzzol8aqaayqse

20220525_231900

https://www.amuse.co.jp/topics/2022/05/feat5_rocknroll.html

https://www.youtube.com/watch?v=xsEsyWA2ve8

https://www.youtube.com/watch?v=fhaBjgL2fb4

https://lyricskpop.net/lyrics/keisuke-kuwata-jidaiokure-no-rocknroll-band-kashi-kanji-motoharu-sano-masanori-sera-char-goro-noguchi/

2022年4月22日 (金)

ひとりじめ(浅田美代子著)

浅田美代子は、樹木希林さんの人生の、一番弟子だった。
ーー林真理子

「美代ちゃんが私の人生の語り部になってね」
いつものように、二人でご飯を食べながら会話をしている最中に、希林さんが突然そう言った。
そこにどんな意図があるのかわからずに、驚き、困惑した。
「なに言ってるのよ。それに、希林さんの周りにはもっとふさわしい人がいっぱいいるでしょう? 私なんか、言葉もそんなに知らないし」
「いいんだよ。あなたが私のことをいちばん知っているんだから。気持ちがあれば伝わるんだよ」

姉であり、母であり、親友だった樹木希林さん。ずっと「ひとりじめ」にしてきた希林さんとの思い出と、青春の日々を綴ったエッセイ。

〈目次〉
となりの美代ちゃん、希林さんに出会う
かけがえのない女友だち
夜遊びと人間関係
老いに抗わない女であるために
結婚のこと
ロックな男とフォークな男
久世光彦さんとの決別と再会
少年のような西城秀樹さんのこと
冬は河豚、初夏はさくらんぼ
希林さんと裕也さんーー不可解な熟年夫婦
身勝手な愛
私の中の悪女
忘れられないプレゼント
役の人生を積むこと
いくつもの恋をしてきた
離婚のこと
明石家さんまさんとのご縁
父親を許せなかった
人生最愛のパートナー・4匹の犬たちのこと
〝おひとりさま〟の明るくて新しい生き方
母を見送って
自分の命も、ものの命も使い切る
永遠の住処をともに探して
希林さんの終活
希林さんとのお別れ
縁は運であり運命だから
あとがき

41fuflk5xl_sx343_bo1204203200_

2021年10月11日 (月)

ポップス歌手の耐えられない軽さ(桑田佳祐著)

曲が書けないほど 全力で書いちゃったよ……(涙)。
マイクをペンに持ちかえて、不埒に、真面目に、時に感傷的に。
時は図らずもコロナ禍という非常事態、
「週刊文春」というステージで綴られた全66篇 〝魂〟のエッセイ!!

サザンオールスターズのリーダーにして日本の音楽シーンの先頭を走り続ける桑田佳祐が、「頭もアソコも元気なうちに、言いたいことを言っておきたい!」という想いを出発点に、「週刊文春」で2020年1月から2021年4月にかけて連載したエッセイを一冊に結集!
これまで音楽のこと以外はほとんど語ってこなかった桑田が初めて明かす、自身の原点や現代の世相への思い。そこには故郷・茅ヶ崎での少年時代や家族との絆、サザンが結成された青山学院時代の思い出、プロレスやボウリングへの愛、さらに「自主規制」がはびこる日本の現状への憂いや、60代となってからの「人生の目標」などが率直に綴られています。
もちろん音楽についても、自身のサウンドに大きな影響を与えたザ・ビートルズやエリック・クラプトン、ボブ・ディランらへの畏敬の念や、佐野元春や内田裕也、沢田研二、尾崎紀世彦など敬愛する日本のミュージシャンたちへの賛歌、サザンのメンバーやサポートスタッフへの感謝の想い、そしてコロナ下で行った無観客ライブの裏話など、桑田、サザンファンならずとも興味深い話題が満載です。
書籍化にあたって大幅な加筆&推敲を施し、さらに秘蔵カットも掲載!
〝ポップス歌手〟桑田佳祐が「言葉」として残しておきたかったテーマを全身全霊、縦横無尽、天衣無縫に書き尽くした全432ページ、永久保存版の一冊です!

41jnrdtmwl_sx347_bo1204203200_

2015年2月26日 (木)

昭和31年2月26日:桑田佳祐生誕

 お騒がせながら59歳ですか。

 

001

2015年2月16日 (月)

ユーメイドリーム(シーナ&ロケット) 1979年/昭和54年

https://www.youtube.com/watch?v=0fvNalMIVLk

https://www.youtube.com/watch?v=OAosNoQYUAs

https://www.youtube.com/watch?v=59rSSaL8iuI

https://www.youtube.com/watch?v=0_ZjRmZk8sc

Sina_2

より以前の記事一覧